紫外線とビタミンCの関係について

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点

「美白」「美肌」といえばビタミンCというイメージが強いのではないでしょうか。実際にビタミンCは、紫外線対策として積極的に取り入れたい栄養素です。ここではビタミンCのどのようなはたらきが紫外線対策に効果的なのかを説明します。

 

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点チロシナーゼ活性酵素阻害効果

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点

紫外線を浴びると、肌の奥に存在するメラノサイトと呼ばれる物質が活性化されチロシナーゼ活性酵素が生成されます。このチロシナーゼ活性酵素とチロシンが合わさると、メラニン色素に変化して、肌を黒くする原因となるのです。
ビタミンCにはチロシナーゼ活性酵素を阻害するはたらきがあり、メラニン色素の発生を抑制します。それだけでなく、すでに肌に蓄積されているメラニン色素を無色化する効果もあるので、ビタミンCは紫外線による日焼け予防だけでなく日焼けしてしまった肌にも効果的です。

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点抗酸化作用

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点

ビタミンCの抗酸化作用は、肌の老化の原因となる活性酸素のはたらきを抑制するはたらきがあります。紫外線を浴びることにより生成される活性酸素にも有効で、シミやソバカスが出来にくいお肌を作ります。

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点コラーゲン生成

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点

紫外線を浴びることにより、肌の奥に存在するコラーゲンが減少してしまうことがあります。ビタミンCにはコラーゲンを生成するはたらきがあり、コラーゲンが減少することにより乾燥や肌荒れ、シワの原因となるのを防ぎます。

ソラレンを含むビタミンCはシミ発生のリスクがある

なかには「ビタミンCを摂取するとシミができる」という噂を聞いたことがあるかもしれません。正式には、ビタミンC自体がシミの原因となるわけではなく、ビタミンCを含む食材に含まれている「ソラレン」という物質が、光毒性を起こしシミの原因となってしまう場合があると言われています。

 

「ソラレン」には紫外線を浴びると過剰に反応し、肌へダメージを与えてしまう光毒性という物質が含まれており、それが紫外線を吸収しやすくして肌へダメージを与えてしまい、シミや色素沈着のリスクとなる原因です。

 

ソラレンは柑橘系の果物や香草類の葉や野菜などに主に含まれております。以下にソラレンが含まれている食品一覧です。

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点

柑橘類全般・・・レモン・オレンジ・グレープフルーツなど
香草類・・・セロリ・パセリ・しそなど

 

・じゃがいも ・きゅうり ・キウイフルーツ ・いちじく ・アセロラ

これらを見ると、一般的にビタミンCが多く含まれていると言われている食品にソラレンが含まれているということがわかります。先ほど説明したとおり、ソラレンによって光毒性を起こしてしまうとシミの原因となってしまうため、ビタミンCを含む食品を摂取する際はソラレンの有無を確認することが大切だということを忘れないようにしましょう。

 

ソラレンが含まれず、ビタミンCを多く含む食品は以下になります。

 

食品名 ビタミンC含有量
赤ピーマン 170mg
黄ピーマン 150mg
芽キャベツ 110mg
ケール 81mg
ピーマン 76mg
ゴーヤ 76mg
70mg

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点

肌のためにビタミンCを摂取していたのに、気付かずにソラレンも摂取してしまいシミが出来てしまった・・・なんてことのないように気を付けましょう。

シミを作らない上手な紫外線対策のためのビタミンCの摂取方法

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点

厚生労働省が定めるビタミンCの1日の所要量は100mgです。しかし、この値は壊血病という病気にならないための最低限の量なので、紫外線対策や美白・美肌目的など美容での摂取には少なすぎます。
美容効果を得るためには、1日に2000mg以上必要と言われています。

 

肌のことを考えるとこの2000mgすべてをソラレンが含まれていない食品から摂取することが望ましいですが、現実的にはソラレンが含まれる食品からも摂取することになるでしょう。その場合、日中の紫外線が多い時間帯にはソラレンを含まない食品から、夜以降の紫外線が少ない時間帯にソラレンを含む食品からビタミンCを摂取するという方法がおすすめです。

 

また、食事からのビタミンCでは2000mgに届かないという方はビタミンCサプリを活用することをおすすめします。ビタミンCサプリは数多く存在しますが、ビタミンCの働きをサポートするビタミンB2やビタミンB6が一緒に配合されているものを選ぶと良いでしょう。

 

紫外線対策の為のビタミンCとの上手な付き合い方と注意点しかし、このビタミンC 2000mgをただ摂取するだけではいけません。ビタミンC摂取に関しては、いくつかの注意点があります。

喫煙習慣のある方・ストレスの多い環境にいる方はビタミンC消費量が増えるため、2000mg以上の摂取を目指さなければならない

吸うたばこの量やストレスのかかり具合によってどれだけ増えるかが変わってきます。喫煙の場合1日に1箱吸うと最大で750mgものビタミンCが壊されてしまうのでその分を食品やサプリメントで補わなければなりません。

 

ビタミンCは一気に摂取せず数回に分けてこまめに摂取しなければならない

体内に蓄積できないので、その時に必要な分だけ吸収され残りは体外へ排出されてしまいます。そのため、1日に3〜5回に分けて摂取するようにしましょう。

 

以上の注意点を意識して、効率よくビタミンCを摂取することにより紫外線対策のさらなる効果が期待できます。

ビタミンC不足になりがちな食生活や生活習慣

ビタミンCが不足すると、老化を促進させるというマウスを使った実験結果が出ています。

 

この実験から、ビタミンCが不足すると全身の活性酸素が増加してしまったり、肌のコラーゲンが減少し老化へとつながるということが分かりました。
老化につながるビタミンC不足ですが、生活習慣や食生活が原因であると考えられています。

 

原因が生活習慣
ストレス ストレスを強く感じる環境にいると、ビタミンCの消費が増えてしまいます。ストレスを感じる時に分泌される抗ストレスホルモンを合成する際にビタミンCが必要となるからです。精神的なストレスだけでなく、寝不足などもストレスとなることもあるため、規則正しい生活が大切です。
喫煙 喫煙によってニコチンなどの有害物質が体内へ取り込まれ、この影響で大量の活性酸素が発生します。ビタミンCは、この活性酸素に対抗するために大量に消費されてしまうのです。上でも説明しましたが、煙草1箱で最大750mgものビタミンCを消費します。
原因が食生活
外食続きなどによる野菜不足 ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。ビタミンCは体内で作ることが出来ないので、食事など外から摂取しなくてはなりません。ファストフードや居酒屋、コンビニ弁当など野菜の少ない食事を続けているとビタミンC不足になってしまうため注意が必要です。

 

上記の原因に当てはまる人は、現状ではビタミンCが足りていない可能性がありますので、生活習慣の改善を目指しながら多めにビタミンCを摂取するように心がけるとよいでしょう。

まとめ

  • ビタミンCのメラニン生成抑制作用やコラーゲン生成能力、抗酸化作用が紫外線対策に有効です。
  • 光毒性とは紫外線に過剰に反応し、肌へダメージを与えてしまう性質ですが、ビタミンCを多く含む食材には光毒性を持つソラレンが含まれているものが多くあるので摂取のタイミングに注意が必要です。
  • ソラレンが含まれていないビタミンC含有量の多い野菜は、ピーマンや芽キャベツ、ケールなどです。ソラレンが含まれているレモンやきゅうりなどの食材を摂取する場合は、なるべく日に当たることのない夜を選ぶようにしましょう。
  • シミを作らない紫外線対策のためのビタミンC必要量は1日に2000mg以上と言われています。ストレスを強く受けている人や、喫煙者、野菜不足の人はビタミンC消費量が増えてしまうため、それ以上にビタミンCが必要となります。どうしても足りない人はビタミンCサプリメントを使用してもよいでしょう。

 

関連記事

ビタミンCは使用方法を間違えると紫外線対策どころか、シミの原因になりかねません。紫外線対策や色素沈着の対策のための正しいビタミンCとの付き合い方をまとめました。
page top