毎日食べて美肌体質!活性酸素を除去する最強の抗酸化食品一覧

毎日食べて美肌体質!活性酸素を除去する最強の抗酸化食品一覧

最近、なんだか老けてきた…と感じたら、それは活性酸素が原因かもしれません。

 

日ごろより紫外線を浴びたり、ストレスを感じてたりすると、私たちの体は活性酸素が大量に生成され、それが代謝を落とし老化や肥満だけでなく体の不調の原因にもなります。

 

今回は、様々な体の不調の原因となる活性酸素を除去する働きをする抗酸化食品について、まとめてみましたので、今後のアンチエイジング対策にお役立て頂けたらと思います。

抗酸化食品は紫外線やストレスで増加し老化になる

抗酸化食品は、シワやしみという肌老化や生活習慣病などの原因になる『活性酸素の働きを抑える』上で欠かせないものです。

 

私たちは、呼吸のたびに酸素を取り入れて、生きるためのエネルギーを作ると同時に『活性酸素』も作ります。

 

通常の活性酸素の量なら、『ウイルス』や『カビ』など体内を守る働きをするのです

 

増加した活性酸素は、細胞や血管にまでダメージが加わり、肌老化をはじめ、さまざまな体の不調の原因になります。が、『紫外線』や『ストレス』、『スマホ』や『パソコン』等によって活性酸素は増加します。

 

現代は、オゾン層の破壊による紫外線量の増加やスマホの普及によって、活性酸素が増加しやすい環境にある為、普段の食事から抗酸化食品を意識して摂取したいものです。

活性酸素を除去するには抗酸化食品で内側からの対策が必要

紫外線によるシミ、しわ、たるみといった肌老化には、日焼け止めやスキンケア以外にも『抗酸化食品を取り入れた食事』も必要です。

 

肌は常に酸素にさらされているだけではなく、紫外線も浴びやすいことから、酸素や紫外線ダメージが原因の『活性酸素』が発生しやすいです。

 

活性酸素は、肌に備わっている皮脂を『過酸化脂質』に変化させて、シミやしわなどの肌トラブルを起こします。

 

日焼け止めやスキンケアだけでは、活性酸素の働きを完全に抑えることはできないので、食生活により『内側』からも働きかけることが大切です。

美肌のために意識して摂取しておきたい抗酸化食品一覧

抗酸化食品は、身体に余分な活性酸素を除去する働きがあるため、毎日少しでも取り続けることで、老化防止や美肌だけでなく、免疫力の向上や肥満防止も期待できます。

 

特に紫外線対策に関しては、日焼け止め等で対策してもダメージは多少なりに蓄積していきますので、抗酸化食品を取り入れて、シミやシワの原因である活性酸素を内側から対策していきましょう。

 

以下より活性酸素の除去作用のあるビタミンやミネラル、ファイトケミカルズと、それらが多く含まれる食品をまとめましたので、参考にして頂けたらと思います。

抗酸化成分 含まれる食品と効果
ビタミンE ひまわり油やアーモンドなど植物油やナッツ類に多く含まれています。肌の生まれ変わりである新陳代謝を活発にする効果もある為、乾燥やしわという肌トラブルを抱えている方にもお勧めです。
ビタミンC 赤ピーマンやいちごなど野菜や果物に多く含まれます。ビタミンCは、シミやそばかすを防ぐ美白効果やしわを防ぐ美肌効果も期待できます。
βカロテン にんじんやカボチャと緑黄色野菜に多いです。肌の新陳代謝を行う上で欠かせない栄養成分でもあり、乾燥やニキビなどのトラブル防止にも役立ちます。
アントシアニン ブルーベリーや黒豆に含まれる天然色素のポリフェノールで、色の濃い食材に多く含まれます。
イソフラボン 納豆や豆腐という大豆製品に含まれる栄養成分です。肌の弾力や潤いにもつながる為、シワや乾燥に悩む方にも最適です。
カテキン 苦味や渋み成分の一種で、緑茶、紅茶、ウーロン茶などにも含まれます。
ケルセチン たまねぎやリンゴやそばにも含まれる、ポリフェノールの一種です。
ルチン アスパラガスやトマトやみかんなどに含まれます。ビタミンCと一緒に摂取することで、ビタミンCの吸収率を高める効果もあります。
クロロゲン酸 主に、コーヒーに含まれる成分です。コーヒーが苦手な場合は、じゃがいもやナスやゴボウから摂ると良いです。
エラグ酸 いちごやラズベリーなどベリー類に多く含まれており、シミやそばかすを予防する美白効果も期待できます。
セサミン ごまに豊富に含まれる成分です。料理の際に、ごま油を使うことでも補うことができます。
クルクミン ウコンやカレーに含まれる色素成分です。インドでは、ウコンが含まれる化粧品が使われており、美肌に欠かせない成分になっています。
リコピン トマトやスイカなどに含まれる色素成分です。シミ予防、シワ改善、日焼けによる赤み軽減にも役立ちます。又、ビタミンEと同時に摂取することでメラニン抑制効果が高まります。
ルテイン ほうれん草やにんじんなど緑黄色野菜に多く含まれます。美肌効果も高く、肌の水分量や弾力アップにも繋がります。
カプサイシ 唐辛子や赤ピーマンにも含まれる辛味成分です。
カプサイシンは刺激性が強く、胃腸に炎症が起きることもあるので、適量を心がけてください。
フコキサンチン 昆布やワカメなど海藻類に多く、カロテノイドの中でも、高い抗酸化作用を持つことで有名です。
アスタキサンチン 鮭やエビなど魚介類に含まれる色素成分で、カロテノイドの一種でもあります。シミやそばかすを防ぐ美白効果に加えて、コラーゲンやエラスチンの生成からハリや弾力を生み出す効果もあります。

まとめ

特に現代人が抱えがちな、『紫外線』や『ストレス』などが原因で老化現象が早い方も多くなってきていると言います。

 

このようなストレス社会にこそ、身体の中の活性酸素の除去するための対策を意識しなければなりません。

 

今回、紹介した抗酸化食品を毎日の健康や美容のために食事に取り入れるようにして頂けると嬉しいです。

 

また、特に老化や身体の倦怠感などの症状がない方も、今のうちから続けることで、歳を重ねても、肌や身体を若くて健康に保つことができます。

 

 

関連記事

紫外線やストレスで増加する活性酸素を除去するための、最強の抗酸化食品まとめ
page top