ブルーライトとは

ブルーライトによる肌の影響と対策方法まとめ

ブルーライトとは、目に見える光の中で最も短い380〜500ナノメートルの波長をもつ光のことを指します。
この光は、角膜や水晶体で吸収されずにそのまま網膜まで到達するため、大きく目に負担をかけると言われています。
このブルーライトは、パソコン・液晶テレビ・ゲーム機・スマートフォンから強く発生させられています。

 

ブルーライトと紫外線の違いは、波長の長さです。紫外線はブルーライトよりも波長が短い10〜380ナノメートルになります。
ブルーライトよりも波長が短いとなると、目に対する影響が大きいのではと考えますが、紫外線は角膜や水晶体で吸収されるので網膜まで到達することはありません。

ブルーライトは目のリスク以外にも様々な悪影響のリスクも

ブルーライトによる肌の影響と対策方法まとめ

 

ブルーライトが人間に与えるリスクは、「目へのリスク」「生活リズムへのリスク」「全身へのリスク」があります。

 

1「目のリスク」は、上で述べたようにブルーライトが角膜や水晶体で吸収されずにそのまま網膜まで到達してしまうため起こります。エネルギーの強いブルーライトを長時間見ていると目の疲れや、視界のちらつき、かすみ目、ドライアイの原因となります。

 

3「生活リズムへのリスク」は、ブルーライトが影響するサーカディアンリズムと関係します。サーカディアンリズムとは、朝になると体が目覚め、夜になると眠くなるという人間の自然な周期のことをいいます。このサーカディアンリズムを整えるには、朝ブルーライトを浴びると良いといわれています。そのブルーライトを朝だけでなく、1日中浴びていることにより、サーカディアンリズムが狂ってきます。そのせいで生活リズムがおかしくなってしまうのです。

 

3「全身へのリスク」は、サーカディアンリズムが狂うことにより睡眠の質が低くなることや、目のリスクから来る目の疲れが脳を通じて体を緊張状態にしてしまい、肩こりや腰痛に影響すると言われています。

ブルーライトが原因で間接的に肌荒れの影響に繋がる

ブルーライトによる肌の影響と対策方法まとめ

 

夜、寝る前などにスマホを見ていると、自然とブルーライトを浴びてしまいます。
夜ブルーライトを浴びていると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が低下するため、睡眠不足となります。
睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、成長ホルモンの分泌が減り、肌の調子が悪くなります。

 

自律神経が乱れることによりストレスが溜まりやすくなり、血行が悪くなったり代謝が低下してしまいます。
その結果、肌のターンオーバーが乱れ、肌の老化スピードが速くなります。肌荒れや敏感肌の原因となるだけでなく、色素沈着やシミ・シワができやすくなります。

 

敏感肌になることで、肌が乾燥しやすくなりさらにシワができやすくなってしまうという悪循環に陥ります。

 

さらに、ブルーライトが活性酸素を生み出すことが分かっており、さらに肌の老化を進めてしまうのです。
このように、夜ブルーライトを浴びるとさまざまな原因により肌荒れにつながっていくということがわかります。

ブルーライトは寝る1時間前には浴びないようにする

寝る直前までスマホやパソコンなどからブルーライトを浴びないようにすると良いでしょう。理想としては寝る2〜3時間前、最低でも1時間前までにはブルーライトを浴びないように気を付けましょう。

 

スマホやタブレットには、ブルーライトカットのフイルムを貼ると良いでしょう。

 

ブルーライトによる肌の影響と対策方法まとめ

 

パソコンのブルーライトの量は、実は設定で下げることが出来ます。(Windows8以上の場合)
「コントロールパネル」から「デスクトップのカスタマイズ」→「ディスプレイ」→「色の調整」と進んでいきます。次へをクリックしていくと「カラーバランスの調整」という設定画面が出てきます。ここで一番右側にある青の調整バーを左に動かすことによりブルーライト量を下げることができます。
下げすぎると画面が見づらくなるので、調整しながらほどよいバランスを探してみてください。
ちなみに、ブルーライト量を下げると画面が全体的に黄みがかったようになります。

気になる方はブルーライト対策化粧品も使用するのもよい

肌に直接浴びるブルーライトも気になるという方は、ブルーライト対策の化粧品がおすすめです。特に人気な2つをご紹介します。

 

ランコム UVエクスペールXL CCC SPF50・PA++++

ランコム UVエクスペールXL CCCランコムの日焼け止め用乳液下地です。
色も3色展開で、合わせやすいです。
紫外線はもちろんブルーライトからも肌を守ることから人気を集めています。
日焼け止め乳液ながら、軽めのテクスチャーで、日常使いにぴったりです。

B.Aプロテクター SPF50・PA++++

B.Aプロテクターポーラの高級化粧品ラインのB.Aから出ている日焼け止めクリームです。
少し高価ですが、濃厚なクリームが肌を守るだけでなく、保湿効果・浸透力などを併せ持つハイブリッドプロテクト処方です。
うるおいによるつや感で肌をきれいに見せることが魅力です。

 

ブルーライトは紫外線と似ていて、肌だけでなく目からも吸収されるため、これらのブルーライト対策の化粧品だけでなく、ブルーライトカットのメガネなどを併用することにより、さらなる効果が期待できます。

普段からビタミンCなど抗酸化作用のある食品を摂取する

ブルーライトは、肌老化の原因である活性酸素を発生させてしまいます。その対策として、ブルーライトを浴びる環境にいる人は、普段から抗酸化作用のある食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

 

抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンC・ビタミンE・リコピン・ポリフェノールなどです。

 

ブルーライトによる肌の影響と対策方法まとめ

 

レモン・キウイフルーツ・いちご(ビタミンC)、ナッツ類・アボカド(ビタミンE)、トマト・すいか(リコピン)、赤ワイン・ブルーベリー(ポリフェノール)などを普段の食事から摂取しましょう。
紫外線対策にもなる、飲む日焼け止めにもこれらの成分が含まれていることが多いです。

まとめ

  • ブルーライトとは、目に見える光の中でもっとも短い波長をもつ光で、スマホや液晶テレビ、パソコンなどから発生しています
  • ブルーライトは角膜や水晶体を通り抜けるため、目や体などに悪影響を及ぼすと言われています
  • ブルーライトの影響で睡眠不足となり、肌荒れにつながると言われています
  • ブルーライトが原因の肌荒れを防ぐためには、ブルーライト対策の化粧品やブルーライトカットのメガネを使用したり、抗酸化作用のある食品を摂取するなど日常的な対策が必要です

 

関連記事

スマホやパソコンなどから発生するブルーライトは目の影響だけでなく間接的に肌にも悪影響を与えます。ブルーライトによる肌対策の方法についてまとめておりますので参考にして頂けたらと思います。
page top