赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

日差しが強い季節になると、日焼け止めなどで紫外線対策をしても、どうしても日焼けしてしまうという方も多いのではないでしょうか?

 

実は紫外線対策は、肌質別で違いがあり、日焼けすると肌が赤くなり、痛みが生じやすい『サンバーンタイプ』や、痛みは少ないですが、シミになりやすい『サンタンタイプ』に分かれます。

 

自分の肌質を知り、適切な紫外線対策や日焼け止めを選ぶことで、肌のダメージを最小限に抑えることができます。

 

もし、紫外線対策も念入りに行っているのに、日焼けしてしまうという方は、肌質に合ってない方法でケアしているかもしれません。

 

今回は、肌質別の特徴と、それらに合わせた紫外線対策とその手順をまとめてみましたので参考にして頂けたらと思います。

日焼けすると赤くなる『サンバーン』と黒くなる『サンタン』の特徴

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

同じ日本人でも、日焼けをすると赤くなる方とすぐに黒くなる方がいます。

 

これは遺伝性のもので、日焼けして赤くなる方は『サンバーン』と言われる肌質で、元々の肌色が白い方がこの傾向にあります。

 

肌の特徴として、紫外線から肌を守る力が弱く、メラニンを作り出す能力が低いので日焼けの仕方も、黒くはならず赤く『炎症』を起こします。

 

一方で、日焼けをするとすぐに肌の色が黒くなる『サンタン』と言われる肌質の方もいます。元々、肌の色が黒い方が多い傾向にあり、日焼けで、赤くなったり痛みも『サンバーン』の方ほど生じませんが、メラニンを大量に生成してしまい、『シミ』や『そばかす』になりやすい肌質です。

 

まずは日本人の肌には、赤くなる『サンバーン』と『サンタン』の2種類があり、自身がどのタイプなのか把握しておくようにしましょう。

赤くなる日焼け(サンバーン)の正しい日焼け止めの選び方と紫外線対策

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

日焼けで赤くなる肌質の方は、元々、紫外線から肌を守るメラニン色素の働きが弱いため、炎症や水ぶくれ、皮?けを起こします。

 

これらの日焼けの症状から、肌をしっかり守る為にも、事前に適切な正しい紫外線対策を行いましょう。

 

赤くなる肌質は紫外線B波(UVB)が原因

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

サンバーンの肌質の方が紫外線を浴びると、肌が赤くなるのは『紫外線B波』が原因です。

 

紫外線の中でもB波は、肌表面への『ダメージが強い』ため、紫外線から肌を守るメラニン色素の働きが十分ではない肌質ですと、赤く炎症が起きてしまいます。

 

 

赤くなる肌を守るにはSPFが高めの日焼け止めが良い

SPF値が高い日焼け止め

 

サンバーンの肌質の方は、『SPF値の高い』日焼け止めを選んだ

 

ほうが良いです。

 

普段使いでも『SPF10〜20』の数値があった方が、肌を紫外線B波から肌が守ることができます。

 

又、海水浴や雪山など紫外線B波が多い場所では、『SPF50』のものを選ぶようにしましょう。

 

・ポイント

 

いくらSPFが高くても日中は汗や脂で日焼け止めが落ちてしまします。そのため、効果を持続させる為にも、『3〜4時間』に一度くらいの頻度で塗りなおすようにしましょう。

 

 

サンバーンの肌を紫外線から完全に守る!日焼け止めの正しい塗り方

全身に薄く乗せるように塗る

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

洗顔やシャワー後と毛穴が清潔な状態で、顔や体と全身に薄くのせるように塗布します。

 

鼻やあごなど高い位置は紫外線を浴びやすいので、多めに乗せると良いでしょう。

 

※注意点は『塗りこまないこと』です。肌に乗せるように塗ることで、肌表面にダメージを与える紫外線B波の影響を受けにくくなります。

 

仕上げにもう一度重ねる

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

同じように、顔や体に日焼け止めを塗ります。

 

重ね塗りによって、UVカット効果が高くなり、落ちにくくなるため、なるべくは塗りなおすことをおすすめします。

すぐ黒くなる『サンタン』の正しい日焼け止めの選び方と紫外線対策

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

黒くなりやすいサンタンの肌質の方はサンバーンの方に比べると、痛みは少なく、水膨れなども起きにくいものの、メラニンを大量に生成してしまう為、『シミ』や『そばかす』になりやすいということを覚えておきましょう。

 

そのためにも、事前の日焼け対策を適した方法で行い、肌ダメージを残さないことが大切です。

 

 

黒くなる肌質は紫外線A波(UVA)が原因

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

紫外線を浴びて、肌がすぐに黒くなるのは『紫外線A波』が原因です。

 

紫外線A波は、肌内部まで入り込み、メラニン色素を生成させて肌を黒くします。さらに、肌内部のコラーゲンにダメージを与えて、シワやたるみを招くこともありますので対策とケアは念入りに行うことをおすすめします。

 

 

紫外線A波から肌を守る日焼け止めはPA++以上が良い

 

PA値が高い日焼け止め

 

黒くなる日焼け肌質の場合、紫外線A波から肌を守る効果のある『PA値の高い』日焼け止めが良いです。

 

普段使いでも『PA++』程度のものを選ぶことがおすすめです。

 

また、紫外線A波が多くなる5月頃からの季節に関しては、『PA+++〜++++』の数値が高めの日焼け止めを選んだ方がよいでしょう。

 

 

紫外線A波から肌を守るための適切な紫外線対策

 

紫外線A波は、雲や窓も貫通してしまうことが特徴です。その為、曇りの日や家にいる時も、きちんと紫外線対策をすることが大切です。

 

曇りの日や、屋内でも、『3時間〜4時間』に一度は、こまめに日焼け止めを、塗り直すようにすることで、より万全に紫外線A波から肌を守ることができます。

 

普段、車の運転する方や自宅での家事が多いかも、窓に1,000円前後のUVカットフィルムを貼ったり、UVカット機能レースカーテンを活用することもお勧めです。

 

これらのアイテムは3000円程度で通販で購入することができます。

 

 

紫外線A波から肌を守る!サンタン肌質の正しい日焼け止めの塗り方

全身に薄く塗り込む

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

清潔な肌の上に、日焼け止めを薄く塗りこみます。鼻やあごなど高い位置は紫外線を浴びやすいので、多めに日焼け止めを使うと良いです。

 

きちんと『塗り込む』ということがポイントで、紫外線A波は肌の奥まで入り込む為、日焼け止めを塗りこんで浸透させた方がUVカット効果が高まります。

 

仕上げにもう一度重ね塗りする

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法

 

紫外線B波の対策と同様に、顔や体に日焼け止めを薄く塗りこみます。

 

重ね塗りすることで、肌の奥にダメージを与えやすいA波のカット率も高まります。

飲む日焼け止めで内側からも紫外線対策を!

日焼けして赤くなるタイプも、黒くなるタイプも、どんなに紫外線対策を気を付けてはいても、100%と完全に紫外線対策をすることは難しいです。

 

日焼け止めを塗ったはずでも、均一に塗れていなかったり量が足りないこともありまし、屋外では、汗や皮脂と一緒に流れてしまうこともあります。

 

これらを防ぐには、やはり塗る日焼け止めだけではなく、『飲む日焼け止め』も併用して活用することで、紫外線による肌のダメージも最小限に抑えることができます。

 

最近では、抗酸化成分などアンチエイジング効果も期待できる、飲む日焼け止めも販売されている為、肌老化を防ぐためにも併用することをおすすめします。

 

参考:飲む日焼け止めサプリの効果と成分別で比較するおすすめの選び方

まとめ

日本人の肌質にも2種類あり、それぞれ特徴があり、日焼け止めや対策方法も違いがあります。

 

面倒ですが、普段の対策をこまめに行うことで、肌老化を防ぐことができ、将来の美肌を守ることもできます。

 

又、日焼け止めは、紫外線から肌を守ることもできますが、肌に負担がかかるものでもあります。

 

使用した後も日焼け止めの正しい落とし方も、覚えておき、毎日の肌を優しくいたわってあげましょう。

赤くなる派?黒くなる派?肌質別の適切な紫外線対策の方法記事一覧

毎日食べて美肌体質!活性酸素を除去する最強の抗酸化食品一覧

最近、なんだか老けてきた…と感じたら、それは活性酸素が原因かもしれません。日ごろより紫外線を浴びたり、ストレスを感じてたりすると、私たちの体は活性酸素が大量に生成され、それが代謝を落とし老化や肥満だけ...

続きを読む

放っておくと怖い!目の日焼けによる眼病リスクとその対策

急に、目が霞んだり、赤くなったり、乾燥が気になるという方も多いと思います。もしかすると、その症状は『目の日焼け』が原因かも知れません。目の日焼けは眼病だけでなく、シミやシワなど肌老化の原因にもなります...

続きを読む

紫外線を使った視力対策方法!近視や視力低下は日光不足にあった

紫外線と言えば、「目や皮膚に悪い」「日焼けしてヒリヒリ痛くなる」といった、マイナスイメージを持っていませんか?メディアで悪い面ばかりが取り上げられているので、避けてしまうのは仕方ありませんが、実は、紫...

続きを読む

いくら日焼け止めを塗って紫外線対策しても、どうしても日焼けしてしまう・・という方も多いのではないでしょうか?日本人の肌質は2種類あり、サンバーンタイプとサンタンタイプで紫外線対策も変えなければなりません。
page top