紫外線吸収剤ってどんなもの?

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤には、「t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン」、「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」、「オキシベンゾン−3」の3種類が存在します。
日本で販売されている日焼け止めは、これらの紫外線吸収剤が含まれているものが多くあります。それ以外にも、塗料の原料や紫外線カットフィルムなどにも含まれています。

 

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ

t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン」は紫外線A波を吸収するという特徴があります。水やアルコールには溶けずに油にわずかに溶けます。ほかに紫外線A波を吸収する紫外線吸収剤が少ないため、日焼け止めによく使われています。

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」は紫外線B波を吸収します。独特なにおいが特徴的です。日焼け止めのテクスチャ改良のために配合されるシリコンオイルとの相性が良いため、使い心地を良くするためによく使用されています。

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ

オキシベンゾン−3」は紫外線A波・B波ともに吸収する特徴がありますが、単体では吸収力が強くないため他の紫外線吸収剤と組み合わせて使われます。A波B波ともに吸収するため、日焼け止めのSPF値を高くすることができます。

紫外線吸収剤という名前だけを聞くと、紫外線を肌に吸収してしまうのでは?と勘違いしてしまいそうですが、そうではなく紫外線吸収剤は、肌の代わりに紫外線を浴びることにより化学反応を起こすのです。

 

その化学反応により作られたエネルギーを、熱や赤外線に変化させ放出させることにより、肌へ吸収されないようにしてくれています。化学反応により紫外線から肌を守っているので、反応が終わってしまうと効果がなくなってしまいます。日焼け止めをこまめに塗りなおさなければならないのは、化学反応を起こし続けるためでもあるのです。

紫外線吸収剤は肌に良くない理由

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ

実は紫外線吸収剤は肌に良くないといわれています。いくら肌に紫外線が吸収されないといっても、肌の表面で化学反応が起こるため肌への刺激が強く、人によっては肌荒れなど肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

 

また、肌の乾燥の原因となるため乾燥肌の人は余計に乾燥してしまったり、敏感肌の人はピリピリとした刺激を感じる場合もあります。さらに発がん性のリスクが懸念されている成分もあるという説もあり、このことから紫外線吸収剤が肌に良くないと言われているのです。

 

このような紫外線吸収剤の入った日焼け止めを使用したことによる肌トラブルなどを未然に防ぐために、いくつか気を付けたい点があります。

 

まず、初めて使う場合は一気に広範囲に使用するのではなく、パッチテストを行うことです。あまり目立たない部分に塗布し問題がないかを確認しましょう。一般的に顔よりも体のほうが刺激に強いため、まずは腕などで試して使い心地を確認してから顔に使用すると安心です。

日焼け止め使用後はしっかり洗い流すこと

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ

特に紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めに関しては、使用後はしっかりと落とすことが大切です。落とせていない部分があるとその部分への肌の負担が残ってしまいます。

 

強い日焼け止めを使用した際は専用リムーバーを使うなど、落とし残しのないように気を付けます。また、乾燥を防ぐために日焼け止めを使用した時にはしっかりと保湿ケアを行うことも大切です。

 

以上のことを試してみても肌に負担がかかると感じた場合は、肌に合わない商品である可能性があります。日焼け止めはほぼ毎日使うものだと思いますので、別のものに変更することをおすすめします。

紫外線吸収剤のメリットは紫外線防御力

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ肌トラブルの原因となる可能性もある紫外線吸収剤ですが、デメリットばかりではありません。紫外線吸収剤の1番のメリットは、やはり紫外線を防ぐ力が強い点です。このメリットがあるため、SPF値の高い日焼け止めには必ずといっていいほど配合されています。
他に、無色透明でなめらかな点もメリットとしてあげられます。日焼け止めにありがちな白浮きや、塗った部分がつっぱるなどということがないため使い心地がよくなると言われています。

 

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ

こういった紫外線吸収剤におけるメリットを最大限に生かすために、紫外線吸収剤をカプセルに包んだものが開発されています。カプセルに包むことにより紫外線吸収剤が肌に直接触れないため、紫外線吸収剤のデメリットである肌への刺激が抑えられるという効果があります。

 

こういった開発により、紫外線吸収剤が含まれているからといってすべての日焼け止めが肌に対して悪いものではなくなってきています。

まとめ

肌に良いもの悪いもの?紫外線吸収剤のメリット・デメリットまとめ

紫外線吸収剤は肌に直接紫外線が吸収されないようにするはたらきがありますが、、人によっては刺激を感じたり肌トラブルの原因となることがあるため注意が必要です。

 

紫外線吸収剤を配合された日焼け止めが原因の肌トラブルを未然に防ぐためには、使用後にはしっかりと日焼け止めを落としきってから、保湿ケアを忘れずに行いましょう。

 

肌の負担を最小限に抑えるためにも紫外線吸収剤をカプセルに包んだ日焼け止めを使用することでリスクを抑制することができると言われておりますので、商品を選ぶ際の選択しとして参考になれば幸いです。

 

関連記事

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は肌を紫外線から守る働きがある反面、肌に刺激になる成分でもあります。使用する際は使い方と、商品選びが大切です。
page top