これは凄い!リコピンの日焼け止め効果と紫外線に対するメカニズム

これは凄い!リコピンの日焼け止め効果と紫外線に対するメカニズム

トマトやスイカに含まれる『リコピン』は、美容成分として、テレビや雑誌でもよく取り上げられていることから、何となく美肌や美白にも良いというイメージを持たれている方も多いと思います。

 

確かにリコピンはそれらの作用にも魅力的ですが、実は抗酸化力が高い為、紫外線によるシミやシワの原因である活性酸素を除去する作用もあるため、紫外線対策としても魅力的な成分です。

 

今回は、リコピンの日焼け止めの効果と紫外線対策のメカニズムについて、まとめてみましたので、これからの季節の紫外線対策にぜひお役立て下さい。

リコピンは最も抗酸化力が高い美容成分

これは凄い!リコピンの日焼け止め効果と紫外線に対するメカニズム
参考URL:http://tomatolycopene.jp/skin.html

 

リコピンといえば、多くの方が『トマト』をイメージするのではないでしょうか?トマト以外にも『スイカ』『ピンクグレープフルーツ』から抽出でき、赤い色の天然色素成分がリコピンです。

 

リコピンと似た『天然色素成分』に、『カロチン』や『ルティン』などがありますが、これらを全て総称して『カロテノイド』という成分に分類されます。

 

色々な『カロテノイド』があるなかで共通する効果が『抗酸化作用』です。

 

その中でも、リコピンはもっとも抗酸化力が高く、紫外線による活性酸素を抑制する効果や、老化防止などのアンチエイジング効果が期待できる美容成分として注目されています。

リコピンの日焼け止めの効果とメカニズム

リコピンには、高い抗酸化力があるため、紫外線が原因で起きる『日焼けによる酸化』を防ぎます。『シミ』や『シワ』を予防する効果が一部の専門機関の研究でも発表されていることから、リコピンを意識して摂取することで、紫外線を肌内部から守ることが期待できます。

 

紫外線は、日焼け止めクリーム等では、完全に対策をすることができません。
リコピンなどの「抗酸化食品」を普段から摂取しておけば、紫外線対策はもちろんの事、美肌の維持や老化防止対策にも有効です。

 

 

リコピンの日焼け予防効果

 

これは、カゴメがリコピンと美白に関する研究を大学の研究機関と共同で行った結果で、リコピンを与えておいたマウスと、与えていないマウスに紫外線を照射したところ、リコピンを与えたマウスが日焼けによる赤みが軽減されたという日焼け止め効果が確認されています。

 

参考文献:リコピンに日焼け予防効果

 

 

紫外線によるシミ予防効果

 

カゴメの研究結果の発表にもあるように、リコピンは、シミの原因であるメラニン生成を抑制する働きがある為、紫外線が原因による『シミ』などの予防の作用が期待できます。

 

リコピンには、紫外線によって過剰に作られるメラニン色素の生成を抑える効果がある為、メラニンが原因の『シミ』『くすみ』『クマ』の予防に役立ちます。

 

ちなみに、リコピンの美白効果は、厚生労働省より美白成分として認可されている『アルブチン』よりも高いことが、日本皮膚科学会でも発表されています。

 

参考文献:リコピンによる美白効果

 

 

紫外線によるシワ予防効果

 

紫外線による影響が肌のコラーゲンが減少することでシワの原因につながります。

 

カゴメと共同大学の研究では、リコピンは肌のコラーゲンを増加させ、紫外線によるコラーゲンの減少を抑制する効果が確認されており、紫外線による『シワ予防』の効果も期待できます。

 

コラーゲンを増加させる働きがあることから、紫外線だけでなく加齢によるコラーゲン減少の対策にも期待できます。

 

参考文献:リコピンにシワ予防効果が期待

美容効果を得るリコピンの必要摂取量

リコピンの紫外線対策効果による美容効果を得る為の摂取量は1日あたりの目安として『15mg』が必要となります。

 

15mgとは、Lサイズのトマト2個分、トマトジュースなら約コップ1杯分となります。

 

摂取方法には、食品やトマトジュース、サプリメント等、色々ありますが、紫外線対策として摂取するならリコピンが配合されている『日焼け止めサプリ』が良いです。

 

日焼け止めサプリには、リコピンを含め、他抗酸化成分の配合があるだけでなく、リコピンのメラニン抑制効果がアップする『ビタミンE』が配合されているものもあります。

 

参考文献: リコピンとビタミンEの組み合わせで美白効果が向上

 

その為、効率よく1日に必要な美容成分を必要量摂取するなら、サプリメントを活用するのがおすすめと言えます。

最大限に効果を得る為のリコピンを摂取する時間

リコピンを摂取する目的として、『紫外線対策』や老化防止などの『アンチエイジング効果』として摂取したいという方もいると思います。

 

実はリコピンは、体内で働きかけるまでに時間がかかる為、それぞれの目的に合わせて、摂取する時間帯も工夫しなげればなりません。

 

それぞれの目的に合わせた最適な時間帯の目安を下記にまとめましたので参考にして頂けたらと思います。

 

 

紫外線対策の為に飲む時間帯

 

リコピンの紫外線対策効果を高めるには、『外出10時間前』の摂取が好ましいです。

 

リコピンの性質上、摂取してから体内で働くのは10時間後になる為、例えば朝の9時に外出する場合は『夜の23時』の摂取がベストです。

 

前日の外出時間に合わせて飲んで、紫外線対策を万全にしましょう。

 

 

アンチエイジング効果の為の摂取方法

 

アンチエイジング効果を高める為には、『就寝前』の摂取が良いです。

 

寝ている時は朝の活動時よりも、栄養の吸収率が向上している為、お休み前に飲むことで、リコピンのアンチエイジング効果を得やすくなります。

 

同時に、ゴールデンタイムのはじまりと言われている22時までの就寝を心がけましょう。

まとめ

リコピンに関しては、雑誌やテレビでも美容効果が高いことは、よく取り上げられていますが、紫外線との関係については、わからない方も多かったのではないしょうか?

 

特に、これからの紫外線が強くなる季節、肌に塗る日焼け止めだけでは、知らず知らずのうちに紫外線ダメージを受けて、シミやシワが増える原因にもなります。

 

今年こそ、リコピンの抗酸化パワーを身体に注入して、これからの季節を乗り切りましょう!

 

 

関連記事

リコピンによる紫外線対策の効果とメカニズムについての記事。リコピンを摂取することで、日焼け止めになり、美白効果・老化防止効果が高まることが専門機関の研究結果でも発表されています。
page top