飲む日焼け止め『ホワイトヴェール』の効果と注意点まとめ

飲む日焼け止め『ホワイトヴェール』の効果と注意点まとめ

「ホワイトヴェールの効果や口コミが知りたい」「飲む日焼け止めを検討しているけど、ホワイトヴェールで大丈夫なのか知りたい」といった方々は多いかと思います。

 

結論から申しますと、ホワイトヴェールに含まれる有効成分『ニュートロックスサン』によって、紫外線対策の効果が期待できますが、エビ・カニの抽出物が含まれるため、甲殻類アレルギーの方は飲む事を控える必要があります。

 

ここでは、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違い、これまでの紫外線対策では不十分だった事、ホワイトヴェールだけの効果や口コミ、そして注意点についてまとめています。

 

今後の紫外線対策において、必ずお役に立てる内容となっておりますので、ぜひご参考下さい。

塗るか飲むかで違う日焼け止めの効果

スプレーやクリーム等の塗る日焼け止めは、紫外線対策ができる反面、使用を重ねるごとに肌の負担も増えます。

 

ホワイトヴェールなどの飲む日焼け止めはこれまでと違い、紫外線をブロックする抗酸化と美白に優れた成分が含まれている為、飲み続けるほど日差しに強い体作りが出来て、白い肌も目指せます。

 

日焼け止めが作用する箇所も、塗る場合は『肌表面』、飲む場合は『体の内側』となりますが、どのような違いがあるかを詳しくご紹介します。

 

 

塗る日焼け止めだけでは紫外線対策ができない理由

 

塗る日焼け止めだけでは紫外線対策ができない理由

 

塗る日焼け止めのパッケージには、SPF30やPA++といった表示があり、これらの数値が高いほど持続時間も長くなります。ですが、日焼け止めを綺麗に塗れていない方が多い事、紫外線が目に入るだけでも肌が黒くなっていく事から、塗るだけでは紫外線対策は不十分と言えるでしょう。

 

スプレー、クリーム、スティック、パウダーといった、これまでの日焼け止めは、汗に強いと言われる『ウォータープルーフタイプ』を使用しても、その汗のかき具合によって、塗り直しが必要となります。

 

同時に、日焼け止めの塗り直しでメイクも崩れやすくなるので、女性にとっては手間がかかるものです。

 

逆に、こまめな塗り直しを怠ると、紫外線によって日焼けやシミ、シワが心配され、塗り過ぎることでも、塗る日焼け止めに配合された成分によって肌の刺激となります。

 

紫外線量が世界一と言われるオーストラリアでは、多くの方が塗る日焼け止めで肌トラブルを避けていますが、紫外線をカットするあまり、体内でビタミンDが生成されず、大人なら『骨粗しょう症』、お子さんなら『くる病』といった、骨の成長を妨げるリスクが高まっている事も分かっています。

 

これらの事から、紫外線対策は、塗るだけで済ませようとすると多くのリスクがあります。

 

 

飲む日焼け止めに含まれる有効成分で肌トラブルを回避する

 

飲む日焼け止めに含まれる有効成分で肌トラブルを回避する

 

飲む日焼け止めの代表的な有効成分は、大きく2つに分かれていて、ニュートロックスサン系とポリポディウムリュウコトモス系となります。

 

2つとも強力な抗酸化作用を持ち、日焼け止めに効くことも実証されていますが、ポリポディウムリュウコトモス系に関しては少し注意が必要です。

 

ポリポディウムリュウコトモスは、別名PLエキスとも呼ばれ、シダ植物から抽出した成分ですが、高いアレルギー性を持っている為、飲み続ける事で、アレルギーが発症する方もいらっしゃいます。

 

その為、安全に飲み続ける事を考えると、シトラス果実とローズマリー葉を含んだニュートロックスサンの方がおすすめです。

 

研究では、1日250mgを8週間続けると、UV保護効果が34%高まり、12週間では56%高まった結果もあります。

 

より効果的な紫外線対策は「併用」

 

より効果的な紫外線対策は「併用」

 

炎天下に長時間いる場合は、飲む日焼け止めだけでなく、クリームやスプレー等の塗るタイプも使用すると、より高い日焼け防止ができます。

 

飲む日焼け止めは、飲み続ける事で、身体の内側から紫外線カット効果を高めるものですが、外出においては、肌に紫外線があたる事に変わりはありません。

 

そこで、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを併用する事で、肌表面の保護、内側からの防御で、より紫外線カット効果が高まります。

 

塗る日焼け止めの適切な方法については、以下をご確認下さい

 

ホワイトヴェールだけの成分と効果

ホワイトヴェールには、抗酸化作用を持つニュートロックスサン、クロセチン、マリーゴールドを始め、リコピン、ザクロ、メロンプラセンタといった植物成分、さらにはビタミンやミネラル、鉄分も含まれているので、日焼けで心配される『炎症』だけでなく、『美と健康』にも効果が期待できます。

 

ホワイトヴェールの成分と作用

成分など

作用

ニュートロックスサン

強力な抗酸化力があり、体の酸化を防ぎ、活性酸素の除去、肌の紫外線カットにも役立つ。

クロセチン

抗酸化と血流改善を促す作用。

マリーゴールド

目から入る紫外線、光の影響で発生する活性酸素の除去。

リコピン

抗酸化と血流改善、美肌に作用。

ザクロ

ビタミンB1、B2、ビタミンC、エストロンなどを豊富に含み、女性ホルモンの分泌、美肌と美白に作用する。

メロンプラセンタ

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素が多く、コラーゲンの生成、美白、代謝の活性化をサポートする。

グアバ

タンニン、ケルセチンといったポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンなどの欠かせない栄養素が、シミやシワの予防をする。

ホーリーバジル

シソ科の植物で、抗酸化作用がある為、炎症の予防にも期待される。

セスバニア

マメ科の植物で、多糖類。ゆっくりとした消化吸収をする成分。

レモン

ビタミンCに代表される果物。主に抗酸化作用がある。

アムラ

ビタミンC、ポリフェノール、食物繊維を含み、抗酸化と美容に効果的。

ベニノキ種子

主に芳香性が目的の成分

ホワイトヴェールの口コミまとめ

 

ホワイトヴェールを飲んだ方の口コミでは、『粒が飲みやすく、実際に焼けていない気がする』『国産という点で安心。炎天下でも赤くならなかったので、友人にも勧めたい』といった声があります。

 

発売から日が浅い為、これから飲んだ感想等は増えていくかと思いますが、現段階では良い評判と言えるでしょう。

 

ホワイトヴェールの粒は、小さい錠剤タイプで飲み込みやすい反面、ローズマリー葉、クチナシやサフラン、マリーゴールドといった植物も抽出されているからか、お茶の葉や薬草のようなニオイがします。

 

強烈なニオイとまではいきませんが、飲む事を避けたいくらい、鼻が敏感な方もいらっしゃるかもしれません。

 

ホワイトヴェールは、楽天やアマゾンでは販売されておらず、購入できるのは公式サイトのみですが、どちらにしても、効果の面が重要となりますので、ほか飲む日焼け止めと比較した上で検討するのも良いでしょう。

 

 

飲む日焼け止めの比較については以下ページからご確認できます

ホワイトヴェールの飲み方と注意点

 

ホワイトヴェールは、初回価格980円で、錠剤が60粒入り、1日2〜4粒を上限としていますが、食品と同じ扱いになるので、副作用の心配はありません。

 

ホワイトヴェールを飲む場合では、体内へ吸収する事を考えて、外出する前の1〜2時間での摂取すると良いでしょう。

 

効果を最大限に発揮する飲み方としては、毎日2〜4粒を飲み続ける事です。これは外部刺激に強い体作りの為ですが、継続することでより効果を実感しやすくなるでしょう。

 

 

1袋の定価は7,560円となっていて、「続けてキレイ!コース」では初回限定で980円となり、2回目からは4,980円(税込)で、5回目以降は3,980円になります。

 

6回目からは、休止連絡で一旦ストップする事ができて、連絡がなければそのまま継続して届けられます。

 

ホワイトヴェール公式HPはこちら

 

 

注意点として、妊娠中や授乳中においては、ホワイトヴェールに含まれる「ローズマリー葉」が子宮を刺激する作用があるので、医師と相談の上で判断を行い、お子様に飲ませたい場合は、離乳食が終わり、通常の食生活が始まっている4歳以上を目安としましょう。

 

食品アレルギーを持つ方は、公式サイトに記載されている原材料を全てご確認後、安心だと判断できた上で飲むようにされて下さい。また、原料の一部にエビ・カニ由来の成分が含まれているので、甲殻類アレルギーの方は飲用を控えましょう。

まとめ

日焼け止めは、塗るタイプと飲むタイプに分かれますが、塗るだけでは、十分な紫外線対策を行うことが難しいこと、飲む日焼け止めでも、成分によってはアレルギー性がある事がご理解頂けたでしょうか。

 

ホワイトヴェールに関しても、その作用や口コミ、注意すべき点が分かり、十分な検討材料になったかと思います。

 

この記事が、今後の紫外線対策に役立てられると幸いです。

 

 

その他の飲む日焼け止めの成分・口コミまとめ一覧

飲む日焼け止めサプリ、ホワイトヴェールだけの効果とクチコミ、注意点についてまとめています。アレルギーの可能性も記載しているので、一度ご確認下さい。
page top