知らないと怖い!ノンケミカルの日焼け止めの注意点と選び方

知らないと怖い!ノンケミカルの日焼け止めの注意点と選び方

「ノンケミカルの日焼け止めでも、どれが1番良いのか分からない」「ノンケミカルなら、全て肌に安全なの?」といった方々は多くいらっしゃるかと思います。

 

ノンケミカルの日焼け止めは、敏感肌や乾燥肌でも使用できると言われていますが、全てが安全というわけではなく、どのような加工がされて、どんな物質が含まれているかで、肌への負担が大きく違います。

 

「肌に優しそうだから・・」といった基準でノンケミカルの日焼け止めを選んでしまうと、以前使用していた日焼け止めよりも、肌刺激が強まってしまう事もあるのです。

 

ここでは、ノンケミカル製品の特徴、避けたい物質、おすすめの日焼け止めから、ノンケミカル製品を使用してはいけない方まで、安全にノンケミカルの日焼け止めが選べるような情報を提供しています。

 

今後の日焼け対策に、必ずお役に立てる内容となっていますので、ぜひご参考ください。

ノンケミカルの日焼け止めが必ずしも安全ではない理由

日焼け止めには、紫外線によるシミやしわから肌を守る『紫外線吸収剤』と『紫外線散乱剤』の2つの成分が含まれています。

 

中でも、『ノンケミカル』と表記される日焼け止めは『紫外線散乱剤』のみで作られていて、肌負担が掛からないように紫外線を反射させる事から、刺激が少ないとされています。

 

ですが、一部のノンケミカルの日焼け止めは、肌老化や発がん性の恐れがある『化学物質』を含んでいる場合もあるので、選ぶ際には注意が必要です。

 

もう一方の『紫外線吸収剤』は、肌に当たる紫外線を、熱や赤外線に変えて放出します。UVカット効果は高いのですが、紫外線を肌表面で科学的に処理する為、肌刺激が強めで、赤みや痒みなどのアレルギー反応などが起きることもあります。

 

これらの事から、『紫外線散乱剤』が使われたノンケミカル製品を選びがちですが、全て肌負担が少ない物質で作られているわけではありません。

 

 

おすすめできないノンケミカルの日焼け止めの特徴

 

ノンケミカルの日焼け止めで避けたいものは、

 

知らないと怖い!ノンケミカルの日焼け止めの注意点と選び方紫外線散乱剤がコーディングされていない

 

知らないと怖い!ノンケミカルの日焼け止めの注意点と選び方化学物質

 

知らないと怖い!ノンケミカルの日焼け止めの注意点と選び方ナノ粒子化

 

この3つが挙げられます。

 

その特徴を以下にまとめましたのでご参考ください。

 

 

ノンケミカルの日焼け止めで避けたい特徴

特徴 内容

コーティングされていない紫外線散乱剤

紫外線散乱剤をコーティング剤で包んでいないと、肌に直接触れる事から、シミやしわ等の肌老化を引き起こす『活性酸素』が発生します。そのような製品を使い続けると、肌老化を早める恐れがあります。

化学物質の使用

石油や薬品など化学物質から作られた、『界面活性剤・防腐剤・着色料・香料』等は、刺激性が高いです。
製品を混ぜ合わせたり腐らせない為などの役割がありますが、肌に付けた際には、かぶれや肌荒れや乾燥などの『肌トラブル』を起こすことがあります。
さらに、『発がん性物質』が含まれる場合もあるので、肌への浸透による体内蓄積から、健康を害する恐れもあります。

ナノ粒子化

ノンケミカルの日焼け止めに多くみられる、『肌なじみの悪さ』や『白浮き』を改善した形がナノ粒子化です。
紫外線散乱剤の粒子を小さくすることで、肌に浸透しやすくなり、肌なじみや白浮きが改善されます。
使用感は良くなりますが、肌の奥まで浸透することで、紫外線散乱剤の『体内蓄積』が起こります。特に、紫外線散乱剤として使われる『酸化チタン』や『酸化亜鉛』に関しては、溶けない性質を持っているので、体内蓄積が起こりやすいです。
これらの体内蓄積による影響は『発がん性』の可能性があると、世界保健機関(WHO)も指摘しています。

 

 

安全なノンケミカルの日焼け止めを選ぶ3つの基準

安全なノンケミカルの日焼け止めは、先ほどとは真逆で、

 

コーティング剤を使用
低刺激処方
ナノ粒子化していない

 

この3つの特徴が挙げられます。

 

これらを満たしているノンケミカルの日焼け止めは、肌負担が最小に抑えられています。

 

それでは、パッケージの原材料にはどのように記載されるのか、以下にてご説明します。

 

 

1.コーティング剤を使用

 

紫外線散乱剤が肌に触れたり、吸収されると、シミやしわといった肌老化の恐れがある為、コーティング加工がされていると安心です。コーティングがされている場合、原材料名にアルミナ、シリカ、フッ素、グリセリンといったコーティング剤の記載があります。

 

 

2.低刺激処方

 

低刺激処方とは、肌に負担のかかる物質や成分が配合されていないものです。

 

パッケージやWeb上の商品説明に、界面活性剤や防腐剤などの『化学物質が無添加』であることが記載されています。

例:添加物フリー、アルコールフリー、無香料など

 

 

3.ナノ粒子化していない

 

ノンケミカルの日焼け止めには、ナノ粒子化された製品も多くあります。しかし、浸透性が高いことから紫外線散乱剤が体内蓄積する恐れがあり、それに伴って発がん性などのリスクも心配されています。

 

ナノ粒子化されているかの確認は、パッケージやWeb上の商品説明に『ナノ化処方』や原材料名に『マイクロ粒子』の記載があります。
肌負担が少ないおすすめのノンケミカルの日焼け止め

 

『コーティング剤使用』、『低刺激処方』、『ナノ粒子化していない』。

 

これらの処方がされたノンケミカルの日焼け止めは、より肌負担が少ないという事はご理解頂けたかと思います。

 

ほか、日焼け止めを選ぶ基準として、どんな時に使用するかでSPFやPAといった『UVカット指数』も変わってきます。SPFやPAの数値に関しては、以下のページをご参考下さい。

 

それでは以下にて、公式サイト、楽天、アマゾン等でも購入できるノンケミカルの日焼け止めをご紹介します。

 

2E(ドゥーエ)日やけ止め ノンケミカル(資生堂)

 

2E(ドウ-エ)日やけ止め(ノンケミカル)

 

価格:2,200円(税抜き)

 

容量:40g

 

●顔やボディと全身用で、SPF45のPA++++で万全に紫外線対策ができます。

 

●肌に刺激となる成分は配合されておらず、皮膚科医が使用を薦めるほど肌に優しく、敏感肌やお子さん、また、肌が弱くなる妊娠時でも使用可能です。

 

●価格がリーズナブルなこともあり、リピート率が高いのも特徴となります。

 

●楽天やアマゾン以外に、一部薬局でも購入できます。

 

 

マイルドサンシールド(アクセーヌ)

 

マイルドサンシールドSPF28・PA++ 22g

 

価格:3,000円(税抜き)

 

容量:22g

 

●汗や水に強いウォータープルーフタイプで、SPF28のPA++です。

 

●保湿性の高いスクワランの配合で、乾燥肌でも潤いが持続し、化粧下地としても使えます。

 

●ニキビの元ができにくいことが証明されるノンコメドジェニックテスト済みな為、ニキビに悩む方にも安心です。

 

 

●汗や水につよいウォーターレジスタンスタイプで、SPF30のPA+++です。

 

●刺激性のある成分は配合されていないので、肌の弱い敏感肌やこどもや妊娠時にも活用できます。

 

●アレルギーテストや2歳以上を対象とした幼児プラクティカルテストにより、肌に刺激がないことが確認されています。

 

●サラッとした使用感になる環状シリコーンや、ボタンエキスやローヤルゼリーエキスなどによる保湿効果もあるので、ベタ付かず潤いが続きます。

ノンケミカルの日焼け止めの使い方と注意点

ノンケミカルの日焼け止めにおいては、正しい手順で、肌にしっかり馴染むようにすると、日焼け止めも落ちにくく、『白浮き』や『塗りムラ』『乾燥』といったデメリットを最小にする事ができます。

 

以下にその手順をご紹介します。

 

化粧水や乳液等で保湿する

 

化粧水や乳液等で保湿をします。

 

事前の保湿により、日焼け止めの伸びが良くなり、『白浮き』や『ムラ』の予防に繋がります。

 

また、ノンケミカルの日焼け止めは通常のものより、乾燥を起こしやすいので、『乾燥予防』にもなります。

 

少量の日焼け止めを使い薄く重ね塗り

 

少量の日焼け止めを、顔や体に薄く塗り、さらに『薄く重ね塗り』します。この時、日焼け止めを丁寧に伸ばしながら肌に馴染ませましょう。

 

皮脂が出やすいとされる『頬』や『鼻』などは、紫外線の影響を受けやすいので、重ね塗りは必須と言えます。

 

日焼け止めは『一度で大量に塗ろう』とすると、塗りムラが起きやすく、肌にも馴染みにくいため、本来の効果も発揮しにくくなります。

 

その為、重ね塗りは基本となります。

 

ハンドプレスで優しく肌に馴染ませる

 

優しい力で、日焼け止めを手で数回、ハンドプレス(肌への押し込み)をします。

 

ハンドプレスをすることで、日焼け止めの肌への馴染みが良くなり、『白浮き』や『ムラ』がなくなります。さらに、肌への浸透によって、日焼け止めが落ちにくくなります。

 

箇所によっては、指の腹だけで塗った方がよい場合もあるでしょう。

 

強い力で押し込むと肌刺激となったり、日焼け止めが落としにくくなる原因にもありますので、肌に加える力は最小限に、優しく馴染ませていきましょう。

ノンケミカルの日焼け止めでも使用できない場合がある

肌負担を最小に考えられたノンケミカルの日焼け止めでも、赤み、かゆみ、刺激等が起こってしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

その場合は無理して使用を続けず、皮膚科医へ相談することをおすすめします。

 

皮膚科では、塗るタイプの日焼け止めは処方していませんが、どんな肌質でも使用できる『飲む日焼け止め』も取り扱っています。

 

飲む日焼け止めについては、以下のページをご参考下さい

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ノンケミカルの日焼け止めは肌に優しいとされていますが、一部では『肌老化や発がん性』といった心配もされています。

 

安全な日焼け止めについては、『コーティング剤使用』『低刺激処方』『ナノ粒子化していない』という特徴があり、先にご紹介させて頂いた日焼け止めが、それに当てはまります。

 

ノンケミカルの日焼け止めは、白浮きやムラ、乾燥が起きやすい傾向もありますので、使用方法と注意点に気を付けながらご使用ください。

 

安全なノンケミカルの日焼け止めが選べて、より効果的な日焼け対策として参考になれば幸いです。

 

 

関連記事

ノンケミカルの日焼け止めの特徴、避けたい物質、ノンケミカル製品の選び方から注意点までまとめました。より肌負担の少ない紫外線対策を目指す方にご参考になります。
page top