顔の日焼け止め完全取説ガイド!肌に負担をかけず紫外線を防ぐ

顔の日焼け止め完全取説ガイド!肌に負担をかけず紫外線を防ぐ

『紫外線対策したいけど、顔に塗る日焼け止めが分からない』、『顔にオススメの日焼け止めが知りたい』という方は、まず、肌に負担がかかる成分を知ることで、ベストな日焼け止めが選べるようになります。

 

お出かけ時や普段使いでも選ぶ基準は変わってくるので、肌の刺激を抑えるためにも、より自分に合った日焼け止めを知りましょう。

顔用と体用の日焼け止めの違い

日焼け止めは、『顔用』『体用』『兼用』の3タイプに分かれていて、皮膚の厚さと皮脂量の違いから、『顔用』は、より低刺激に抑えられ、美容成分も多く含まれています。

 

顔用と体用の日焼け止めの違い

 

その為、『体用』の日焼け止めを『顔』に使用すると、敏感に反応してしまい、肌トラブルを起こす可能性があります。

 

『顔と体の兼用タイプ』は、どんな部位に使用しても問題ありませんが、購入前では、「どの部位に使用できるのか」、パッケージを見て確認しておきましょう。

ぜひ知っておきたい!日焼け止めに使用される添加物

顔用の日焼け止めを使用しても、顔に肌荒れが起きる方は、添加物による可能性が高いと言えます。

 

添加物は、安定した効果を発揮するために含まれる事がほとんどですが、敏感肌や肌が弱い方にとっては、肌トラブルの原因にもなります。

 

そこで、より安全に紫外線対策ができるよう、日焼け止めに含まれる『避けたい添加物』と『紫外線カットのため必要な成分』についてまとめました。

 

以下よりご紹介します。

 

 

添加物の成分と必要な化学成分が分かる一覧表

【避けたい添加物】

避けたい成分 特徴 成分
防腐剤

防腐剤は、内容物を腐らせない反面、アレルギー性が高く、『肌荒れ』や『かぶれ』の原因になります。
アレルギー持ちや敏感肌の方は、必ず、パラベンやフェノキシエタノールが原材料名の中に記載されていないかをご確認下さい。

パラベン、フェノキシエタノール
香料

香りを付けるため使用されますが、石油等で、化学的に作られたものもあります。
天然成分でない限り、香料フリー選びましょう。

天然、合成どちらも、原材料名に「香料」と記載
着色料 色を付けるだけで、肌には不要の成分です。 赤色2号など『○色△号』といった記載
アルコール 多くの成分を溶かす作用に優れていますが、肌の潤いを保つ皮膜を壊し、『乾燥』の原因を作ります。 エタノール、エチルアルコール

 

【紫外線カットのため必要な化学成分】

化学成分 特徴 成分
合成ポリマー

合成ポリマーは、少量でクリーム状にさせる為の科学物質で、汗や水でも崩れにくいものです。
ただし、外出や大量に汗をかく方には必須の成分とも言えます。

ジメチコン、シクロペンタシロキサンなど、●●コン、●●シロキサンといった表記
鉱物油 鉱物油は、付け心地を良くして、日焼け止めの塗りムラを防いでくれる成分です。 ミネラルオイル、ワセリン
紫外線吸収剤

紫外線を熱エネルギーに変えて、肌への浸透を防ぎます。
紫外線をカットするSPFやPAの数値は、この紫外線吸収剤の量で決まり、大きいほど長時間有効ですが、肌への負担も心配されます。

オキシベンゾン、t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
紫外線散乱剤 紫外線散乱剤は、紫外線を反射して日焼けを防ぎます。紫外線吸収剤よりも負担は少ないですが、白浮きしやすいといったデメリットがあります。 酸化亜鉛、酸化チタン

 

これらを把握しておく事で、自分が理想とする日焼け止め選びに、大いに役立ちます。

日焼け止めに含まれる『合成界面活性剤』の安全性

合成界面活性剤は、よく皮膚への負担があるとして注目されていますが、危険性があるのは洗剤や柔軟剤に含まれる合成界面活性剤のみです。

 

日焼け止めにおいては、高価で皮膚刺激が起きない「非イオン系界面活性剤」を、乳化剤や保湿剤として使用している為、肌への危険性はありません。

 

日焼け止-合成界面活性剤

 

また、日焼け止めは、水と油を混合(乳化)させる事が必須のため、合成界面活性剤を使用しなければ、そもそも製品化すら難しいという事になります。

 

それでは、添加物の正しい知識を共有したところで、以下から顔用の日焼け止めの種類を確認していきましょう。

顔の日焼け止めの種類と特徴

顔の日焼け止めは、液体・スティック・パウダー・スプレーの4種類に分かれていて、『メイク前』や『仕上げ』、『紫外線に浴びた時間』などで使い分けると、より効果的に対策ができます。

 

タイプ 特徴

液体
日焼け止めの種類-液体

液体タイプの日焼け止めは、クリームやミルクなど、水分や油分を多く含むので、『高い保湿力』を持っています。
『化粧下地』として使えるものも多い為、『メイク前の使用』が適しています。

スティック
日焼け止めの種類-スティック

固形状の日焼け止めとなっていて、日焼け止め成分が凝縮されている製品も多く、UVカット効果が高くなっています。

 

紫外線を長時間浴びるときは、液体タイプの『仕上げ』として使用すると、よりUVカット効果が臨めます。おでこ、頬の高い位置、鼻など、日焼けをしやすい部位への重ね付けが最適です。

パウダー
日焼け止めの種類-パウダー

ファンデーションの様な、粉状の日焼け止めです。
メイクの上から使用できるタイプも多いので、外出先での『日焼け止めの塗り直し』にも向いています。

スプレー
日焼け止めの種類-スプレー

肌に刷り込まない分、肌刺激も抑えられ、少ない時間でケアできます。
また、ベタつきがなく、髪や塗り直しも簡単なので、紫外線に当たる機会が多い方、スポーツをする方にも向いています。

使用シーンと肌質で顔の日焼け止めを選ぶとベスト

日焼け止めのパッケージに見られる、SPF(紫外線防御指数)と、PA(UV-A防御指数)は、数値が高いほど日焼け止め効果が高く、持続性もあります。

 

ただし、刺激も強くなるため、お出かけと普段使いで使い分ける事をオススメします。

 

また、『脂性肌』や『乾燥肌』など、肌質に合う日焼け止めを選ぶことで、使用後のベタ付きやカサカサも抑える事ができます。

 

使用シーンと肌質

 

使用シーンで選ぶ日焼け止めの一覧表

使用シーン 種類 紫外線カット数値
普段使い

スプレータイプ
日焼け止めの種類-スプレー

SPF20〜30/PA++またはPA+++

アウトドア
レジャー

液体タイプ(クリーム)
日焼け止めの種類-液体

SPF50/PA++++
肌質 種類 紫外線カット数値
脂性肌(オイリー肌)

液体タイプ(クリーム・ミルク)
日焼け止めの種類-液体

SPF20〜30/PA++またはPA+++
乾燥肌

液体タイプ(クリーム・ミルク)
日焼け止めの種類-液体

脂性肌と同様

 

アウトドアやレジャーに最適な日焼け止め

 

登山、スキー、海水浴などアウトドアやレジャーでは、多くの紫外線を浴びます。

 

そのため、紫外線カット機能の高い『SPF50』や『PA++++』と高数値のものが適しています。

 

塗り直しが面倒なシーンが多いため、落ちにくい『クリームタイプの日焼け止め』がオススメです。

 

 

普段使いに最適な日焼け止め

 

普段使いなら、肌刺激をいつもより抑える為、『SPF20〜30』や『PA++〜+++』が最適です。

 

また、スプレータイプの日焼け止めが、時間をかけず気軽に使用できる為、おすすめです。

 

スキンケア後に、BBクリーム、CCクリーム、DDクリームを使用する事で、日焼け止めやメイクも仕上がります。

 

仕上がりとして、マット派ならBBクリームが、ツヤ派ならDDクリーム、その中間で自然派なら、CCクリームが向いています。

 

 

脂性肌に最適な日焼け止め

 

テカりやすい脂性肌は、油分の少ない『液体タイプの日焼け止め』がオススメです。

 

紫外線カットの数値は、普段使いと同様の『SPF20〜30』『PA++〜+++』が最適となります。

 

仕上げに、『皮脂抑制効果のあるパウダー』を重ねる事で、時間が経っても崩れにくくなります。

 

 

乾燥肌に最適な日焼け止め

 

乾燥肌には、水分や油分の多い『クリーム』や『ミルク』タイプの日焼け止めがオススメです。

 

紫外線カット数値は、普段使いの数値と同じになります。ほか、「石鹸で簡単に落ちる」といった記載があるか確認しておきましょう。

 

そうする事で、クレンジングによる、更なる乾燥を避けることができます。

顔の日焼け止めの使用方法とタイミング

顔用の日焼け止めには、液体・スティック・パウダー・スプレーがあり、使い方や塗るタイミングも違ってきます。

 

『UVカット効果を最大限』にしながら、『肌への負担を最小限』にする為、正しく使う事を心掛けましょう。

 

化粧水や乳液でスキンケアを行っておくと、日焼け止めも肌に馴染みやすくなり、より長時間の効果が臨めます。

 

 

液体タイプの使用方法

 

液体タイプSTEP

 

クリームやミルク等の液体タイプは、肌に馴染んでいる事が前提なので、日に当たる『20分〜30分前』に塗るのがベストです。

 

液体タイプにおける注意点として、肌に塗り込むよりも、均等に乗っている方が、紫外線を反射させやすくなります。

 

しかし、手だけで均一に伸ばすことは難しい為、リキッドファンデ用のスポンジで叩いて伸ばしたり、ブラシを使用すると、肌刺激を抑えながら均一に伸びます。

 

 

スティックタイプの使用方法

 

スティックタイプSTEP

 

スティックタイプは、液体タイプの仕上げとして使用しますが、成分が凝縮されている為、塗りすぎは肌に強い刺激を与えます。

 

また、ムラを防ぐためにも『強く塗りこむ』ことは避けましょう。

 

 

パウダータイプの使用方法

 

パウダータイプSTEP

 

パウダータイプは、こまめに塗り直す方にオススメです。

 

日焼け止めは汗や皮脂でも落ちてしまうので、『2〜3時間』に一度のペースでお直しを行い、『伸ばす、こする』ことは避けましょう。

 

 

スプレータイプの使用方法

 

スプレータイプSTEP

 

スプレータイプでは、ムラにならないよう、まんべんなくのばします。
ハンカチやタオルでスプレー箇所を拭いた場合は、効果を保つ為、つけ直す事をオススメします。

安全性を確実に確認できるパッチテスト

『成分だけで日焼け止めを選ぶことが心配』という方は、使用前にパッチテストを行えば、安全性を確実に確認できます。

 

安全性-パッチテスト

 

ここまで行って、肌トラブルがなければ、その製品は問題ないと言えるでしょう。

 

もし異常があれば、その時点で使用を中止して皮膚科への相談をおすすめします。

 

 

関連記事

日焼け止めは綺麗に落とさないと肌の負担になる

日焼け止めは、寝る前に綺麗に落とし、肌に付着したまま過ごさないようにしましょう。そのままにしておくと、『ニキビ』や『肌荒れ』などの原因になります。

 

今では、お湯や石鹸で簡単に落ちるタイプも多く出てきています。

 

加えて、しっかり落とそうとゴシゴシ洗いをする事も、『肌ダメージ』でニキビなどを悪化させるので、肌に負担をかけず落とすことが重要です。

 

また、敏感肌の方は『UVカット機能の低い日焼け止め』を選んでおくことも必要になります。
必要な時にしっかり使い続ける為、落とすケアにも気を配っておきましょう。

 

参考:日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

まとめ

顔の紫外線対策では、4種類に分かれる日焼け止めを、正しく使い分ける重要性がご理解頂けたかと思います。

 

さらに、海水浴や普段使いなどの『シーン別』で分けることも、紫外線対策を万全にしながら肌の負担を減らすコツになります。

 

顔の皮膚はデリケートで、日焼け止めによって肌荒れを起こすこともあるので、肌の『負担』や『ダメージ』になる成分を見極めることがとても重要です。

 

また、一日の終わり(日没)には、肌に負担を与えずに綺麗に日焼け止めを落とすことも大切になりますので、使い方はもちろん、落とし方も確認しておくと、より肌への負担をケアしながら日焼け止めを使っていけるはずです。

自分だけに合った、ベストな顔の日焼け止めの選び方を提案しています。どうしても含まれる添加物を知り、どんな日焼け止めを選ぶべきかの基準が分かります。
page top