日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

日焼け止めを使用すると、吹き出物やニキビ、肌荒れが目立つようになったという方も多いようです。

 

もしかすると、肌荒れの原因は、『日焼け止めが綺麗に落とせていないこと』かもしれません。

 

日焼け止めの成分には油分が多く使用されており、特にウォータープルーフなどの汗や水に強い日焼け止めは、毛穴につまりやすく、それが肌荒れの原因になります。

 

今回は、日焼け止めの種類別の正しい落とし方をまとめてみましたので、日焼け止めを使用してから頻繁に肌荒れするようになったという方は、参考にして頂けたらと思います。

日焼け止めの洗い残しは肌荒れの原因に!

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

 

顔や体に日焼け止めを使用した後は、綺麗に落とすことはもちろん、その後の保湿ケアも大切です。

 

日焼け止めの成分には油分が多く使用されている為、肌に残ると『ニキビ』や『肌荒れ』の原因になります。

 

また、日焼け止めを洗顔やクレンジング等で落とした後は、肌に本来、備わっている防御成分『セラミド』や『NMF』などが失われて、乾燥を引き起こしやすい状態です。

 

乾燥を放っておくと、顔にハリやツヤがなくなることから、『シワ』『くすみ』や『老け顔』の原因にもなります。

 

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

 

日焼け止めで紫外線対策することは、美肌ケアとして非常に大切なことですが、日焼け止めを使用した後のケアもしっかり行いましょう。

種類別でみる日焼け止めの落とし方の目安

日焼け止めは、種類や商品によって落とし方が違います。

 

洗顔やボディソープで簡単に落とせる日焼け止めもあれば、専用クレンジングではないと落とせない日焼け止めもあります。

 

日焼け止めの落とし方の基本は、商品パッケージに記載されており、説明の通りに洗顔料やクレンジングなどを使い分けることが大切です。

 

『お湯で落ちる』『洗顔料や石鹸で落ちる』『クレンジングで落ちる』『専用のクレンジングで落ちる』等の説明が記載されていますので、購入時には確認しておくことを忘れないでください。

 

間違えてパッケージを破棄してしまい、落とし方が確認できなかった場合は、下記より記載する種類別の目安を参考にしてください。

 

日焼け止めの種類 基本的な落とし方
クリーム 洗顔料やボディーソープで落とせますが、油分が含まれていて落としにくいため、気になる方はクレンジングを使用しましょう。
ミルク 洗顔料やボディーソープで大丈夫ですが、クリーム同様に油分を多く含むので、気になる場合はクレンジングを使うと良いです。
ジェル 油分をほとんど含まない為、洗顔料やボディーソープで十分に落ちます。
スティック 日焼け止め成分が多く、落ちにくいものも多いですから、クレンジングを使用した方が良いです。
ローション 主成分が水であることから、洗顔料やボディーソープで簡単に落とせます。
パウダー 油分が少ないこともあり、洗顔料やボディーソープで落ちるものが多いです。
スプレー 油分控えめなので、洗顔料やボディーソープで落とせます。
ウォータープルーフの日焼け止め お使いのクレンジングや日焼け止め専用クレンジングを使用後、さらに洗顔料やボディーソープで洗い流す必要があります。
体(ボディ)用の日焼け止め からだを洗う石鹸やボディーソープで落とせます。

日焼け止め別の肌に負担にならないクレンジングの選び方

日焼け止めを落とす為に、クレンジングで落とすことが必要な日焼け止めは、油分が含まれる『クリームタイプ』『ミルクタイプ』『スティックタイプ』『ウォータープルーフタイプ』の4つです。

 

クレンジングは洗浄能力が高いほど、肌の負担になることから、選ぶ際は『日焼け止めに応じた洗浄力』を基準に選ぶことで、肌の負担を最小限に抑えることができます。

 

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

 

クレンジングには洗浄能力が高い順に、日焼け止め専用クレンジング→オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルクの6種類があります。

 

日焼け止めの中でも最も落ちにくいウォータープルーフは、洗浄能力が高い『日焼け止め専用クレンジング』や『オイルクレンジング』が向いています。

 

クリーム、ミルク、スティックタイプの日焼け止めは、ウォータープルーフに比べると落としやすいので、洗浄能力が低い『ジェルクレンジング』『クリームクレンジング』『ミルククレンジング』でも十分に落ちます。

 

敏感肌やアトピーなど肌が弱い方は、肌の負担が少ない『クリームクレンジング』や『ミルククレンジング』を選ぶと良いでしょう。

日焼け止めを落とすクレンジング方法とコツ

落ちにくい日焼け止めを落とすことに加えて、ファンデーションなどのメイクを落とすためのクレンジングを行うこともあるでしょう。

 

どちらもクレンジングとケア方法は一緒になりますので、参考にして頂けたらと思います。

 

毛穴を開かせる

 

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

 

顔にホットタオルを乗せたり、湯船に浸かったりと、毛穴を開かせておくと、日焼け止めが落ちやすくなります。

 

 

やさしく円を描くように落とす

 

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

 

多めのクレンジングを手に取り、顔と体に、擦らずにやさしく円を描くようにして、ぬるま湯で洗い流します。

 

注意点は『強く擦らない』ことです。

 

 

日焼け止めやクレンジング剤をしっかり洗い落とす

 

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

 

洗顔料やボディーソープを使って、日焼け止めやクレンジング剤を洗い落としていきます。

 

しっかり泡立てて、クレンジング同様、擦らずに優しく円を描くようにすると、肌に負担を与えずに綺麗に落とせます。

 

【※ 日焼け止めを綺麗に落とすポイント】

 

日焼け止めを落とす際は、『小鼻』や『鼻周り』は、特に洗い残しになりやすい個所です。

 

クレンジングの際は意識して落とすようにしましょう。

 

 

日焼け止めを落とした後にやっておきたい『顔のケア』

 

日焼け止めの落とし方の全取説【種類別の適切な落とし方】

 

日焼け止めを落とした後は、肌本来の「バリア機能」も一緒に洗浄されてしまい、無防備な状態です。そのため保湿ケアを忘れてはいけません。

 

保湿においては、肌に備わっている『セラミド』を補える化粧水、潤い成分で代表的な『ヒアルロン酸』などが配合されているものを選びましょう。

 

UVカットは、日焼け止めだけで完全防御できるものではないので、日差しによる炎症をケアする成分『グリチル酸ジカリウム』が化粧水に含まれていると、より効果的な紫外線対策ができます。

 

日焼け止めを落とした後の「乾燥した肌」を守るためにも、念入りに保湿ケアを行ってください。

 

ケア方法につきましては『シミになる前にやっつける!肌質別の日焼け後の正しいケア方法』を参考にしてください。

まとめ

日焼け止めは、使用することも大切ですが、使用した後のケアも大切です。

 

日焼け止めの成分が肌に残らないように、綺麗に落とすことが大切で、肌の負担にならないように適したクレンジングを選ぶことも大切です。

 

使用したあとは、きちんと肌をオフにして、保湿ケアを行い紫外線の多い季節をしっかり乗りきりましょう。

 

 

関連記事

日焼け止めが肌に残ると、ニキビや吹き出物など肌荒れの原因を招きます。日焼け止めの種類によって肌に負担をかけない洗顔の選び方や正しい落とし方とケア方法をまとめました。
page top