医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

監修医師:長谷川 悠先生

ピコビューティークリニック院長


2011年 順天堂大学医学部医学科卒業

順天堂医院 形成外科勤務

順天堂医院 放射線科勤務

2017年 pico beauty clinic 院長就任


資格

マンモグラフィ読影サーマクール認定医

飲む日焼け止めは日焼け止めではなく日焼けダメージを抑制する役割

飲む日焼け止めを飲む女性

 

飲む日焼け止めを検討している方のなかには、日焼け止めを塗らなくても飲む日焼け止めを「飲めば日焼けをしない」と勘違いしている方も多いのではないでしょうか。

 

飲む日焼け止めとは、体の内側から日焼けを防止・日焼けによるシミの原因を排出するサポートすることを目的としたもので、飲めば日焼けをしないというわけではありません。

 

日焼け止めは、塗った直後から時間が経過するほど紫外線から肌を守る効果が低下していきます。肌を紫外線から防御するためには、サングラスを着用し、露出部分のすべてに多めの量の日焼け止めを最低でも2時間置きに塗りなおすことが必要と言われており、紫外線は季節問わず、日中降り注いでいるため完璧に対策することが難しいのが実情です。

 

飲む日焼け止めを併用することで、目や頭皮など日焼け止めが塗れない箇所や、塗り直しができず、どうしても紫外線を受けてしまったダメージを抑制して、シミやシワの原因となるメラニンや活性酸素を肌にためこむことなく排出することから、紫外線から肌を守る相乗効果をサポートするのが飲む日焼け止めの役割です。

 

補足:
商品によっては日焼けをしないと謳っている飲む日焼け止めもありますが、それらも日焼けをしないわけではなく日焼けによって受けたダメージを抑制するということです。少しの外出程度の日焼けなら紫外線ダメージが残りにくいことから、肌が弱い方は普段より日焼けによる赤みや炎症が残りにくいと感じやすいかもしれません。そのため日焼けをしないという表現をする方も多いようです。

 

飲む日焼け止めで期待できる3つの主な効果

飲む日焼け止めの効果の解説
日焼け止めを塗ることで紫外線から肌を防御することができますが、飲む日焼け止めは紫外線を受けてしまった後のダメージから肌を守ることが役割です。飲む日焼け止めに含まれる主成分、ニュートロックスサンやリコピンが『日焼けを軽減する働き』や『メラニンを抑制する働き』・『肌の酸化を防ぐ働き』、が期待できます。

 

飲む日焼け止めの主な効果

紫外線による日焼けを軽減する

飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンやリコピンという成分は、紫外線を浴びることで発生する活性酸素を抑制し、日焼けによる炎症を軽減する作用があるということが専門機関の研究でがあります。

紫外線によるシミ・シワの原因を抑制する

シミの原因であるメラニンは紫外線の影響で大量に発生します。飲む日焼け止めは、メラニンを抑制する働きが期待できます。

肌の酸化を抑制する

飲む日焼け止めによっては、抗酸化成分が豊富に含まれている為、肌の酸化を防ぎ、シワやくすみを抑制する働きが期待できます。

飲む日焼け止めは飲み続けることで効果が向上する

飲む日焼け止めを飲み続けて効果を実感する女性
飲む日焼け止めサプリは、抗酸化力を向上させ、紫外線の影響をうけにくい身体づくりを手助けします。軽度の紫外線ダメージに対して即効性も期待できますが、飲み続けることで抗酸化力が高まり、より紫外線による防御作用が高まることが期待できます。

 

国内では海外製も含めると、飲む日焼け止めにもさまざまなタイプのものがあり、ニュートロックスサンなど日焼け止めの成分だけでなく、美白成分や抗酸化成分が配合されているものも多いです。そのため、紫外線対策だけでなく、美白やシミなどの美容効果も期待できる他、日差しが気になる春〜夏だけでなく、1年中使用することができます。

紫外線から肌を完全に守るなら塗る日焼け止めを併用することが適切!

紫外線対策を完璧にする女性

特に紫外線が強い5月から8月の季節は飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用し、必要によっては日傘やサングラスなどのUVアイテムも併用することが好ましいです。

 

紫外線は水や壁などにも反射して肌に吸収するので、いくら紫外線アイテムを併用しても100%防ぐことは難しいです。そのため、受けてしまったダメージを飲む日焼け止めでカバーするため、紫外線を完璧に近く対策するにはカラダの内側と外側の両方から守る対策することが必要です。

 

また日焼け止めの選び方についても適切に選ぶ必要があるので、下記ページを参考にすることで日焼け止めに関しての知識も得られると思います。

 

安全な紫外線対策成分はニュートロックスサンかリコピンの2種類のみ

ニュートロックスサンとリコピンを解説する医者
飲む日焼け止めにおいては、紫外線によるダメージを抑制・軽減できる成分として専門機関による研究データがあるのは、『ニュートロックスサン』と『リコピン』です。

 

ニュートロックスサンや、シトラスとローズマリーから抽出される成分で、8週間継続して摂取することで紫外線から肌を守る作用が34%向上し12週間後には56%向上したという研究データがあります。

 

リコピンは、トマトやスイカなどから抽出されるカロテノイド一種で、トマトジュースで有名なカゴメがリコピンの日焼け止め効果とビタミンEを併用することで更に紫外線からの防護力が高まるという研究報告を出しています。

 

今のところ日焼け止めに関する実績データーがある成分は上記の2つの成分で、飲む日焼け止めを選ぶなら、最低でもどちらか一方の成分を含み、リコピンはビタミンEが同時に摂取できる製品を選んだほうが良いということが分かります。

 

補足:
海外製品には、シダ植物由来の『PLエキス』が主成分のものが多いですが、専門機関の研究データがなく、、アレルギーの可能性があるため、事前に医師の診察を受けることをおすすめ致します。

 

 

飲む日焼け止めは副作用や健康被害を起こすことはないのか?

医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

国産の飲む日焼け止めサプリは、果物や野菜から抽出された食品から摂れる『ポリフェノール』や『ビタミン』などの抗酸化成分であるため、副作用や健康被害の心配はありません。

 

ただし、食品から抽出された成分であっても、妊婦中や授乳中のホルモンバランスが乱れやすい時期や、高血圧などの持病を持つ方は控えたほうが良い場合もあるので、このような症状をお持ちの方は医師の相談の上で飲むようにしたほうが良いです。

2017年国内で人気どころの飲む日焼け止めサプリの比較とポイント

飲む日焼け止めの選び方のポイント
飲む日焼け止めの効果を最大限に得られ、且つ安全である製品を選ぶためには、やはり配合成分の確認が大切です。

 

成分確認のポイントとして、3つの条件を満たしているサプリなら、間違った物を選ぶことはないでしょう。

 

1.紫外線から肌を守る成分が配合されていること (1)

医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】『ニュートロックスサン』や『リコピン』など、紫外線対策として臨床実験結果があり、飲み続けてもアレルギーの原因にはなりにくい成分が良いです。その他、それらの吸収率をあげるための『ビタミンE』などの配合があるとより好ましいです。

2.身体の内側から肌を守る成分が配合されていること (1)

医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】紫外線から肌を守る成分にくわえて、受けてしまった紫外線が原因で発生する活性酸素を排出する作用をもつ「ハイチオンエキス」や「システイン」も配合されているほうがより好ましいです。これらの成分は肝機能の働きをサポートし、カラダの新陳代謝を高めることから肌のターンオーバーが促進され、シミやシワなど老化の原因を体内から排出しケアすることができます。

3.国産で不必要な成分が含まれていない (1)

医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】飲む日焼け止めは、海外製品も個人輸入で購入することは可能です。しかし、成分配合が不明だったり、安全面で懸念が残るため、安全性に配慮された国産製がおすすめです。また、余計な添加物が含まれてない事も大切です。

 

国産の飲む日焼け止めの有効成分の比較表まとめ

国内で販売されている、飲む日焼け止めの効果の目安として、紫外線対策成分・代謝成分・合成添加物等の配合がないのか?という点が分かるように、比較表にまとめました。
製品選びの際に活用して頂けたらと思います。

 

商品名 紫外線対策成分 代謝成分 安全性
(合成添加物等)
ホワイタス
howaitasu

ニュートロックスサン
リコピン

ハイチオンエキス
ブライトニングパイン

添加物配合なし
国産

総評

紫外線対策成分のニュートロックスサンとリコピンの両方が配合されており、相乗効果とされるビタミンEも配合されています。その他、美白の医薬品にも使用されハイチオンエキスや、美肌に必須のビタミン類も配合され身体の内側と外側からバランスよく対策できる唯一の飲む日焼け止めサプリです。美白も気にしている方に向いており安全性だけでなく、価格も良心的なことから医師も推薦する人気の製品です。

詳しくはこちら

ホワイトヴェール
ホワイトヴェール

ニュートロックスサン
リコピン

ザクロエキス

記載なし

総評

ニュートロックスサンや目を守るルテインが配合された飲む日焼け止め、目の紫外線対策も気になる方に向いている製品です。定期購入しか取り扱いがないのがデメリットとしてあげられます。 

詳しくはこちら

雪肌ドロップ
雪肌ドロップ

ニュートロックスサン

システイン

合成添加物なし
国産

総評

ニュートロックスサンを主成分と保湿成分が配合された飲む日焼け止めです。乾燥が気になる方に向いている製品です。定期購入が初回500円とお得ですが2回目より割高な点がデメリットです。 

詳しくはこちら

メディパラソル
メディパラソルサムネイル

ニュートロックスサン

オリベックス

記載なし

総評

ニュートロックスサンとオリーブオイルが主成分の飲む日焼け止めです。日焼け止めだけに特化したいという方に向いています。オリーブオイルと紫外線の作用が不明確だけに不安が残る製品です。 

詳しくはこちら

やかないサプリ
やかないサプリ

PLエキス

ブライトニングパイン

記載なし

総評

ニュートロックスサンの配合がないことから、紫外線対策として不安が残るところ。 

詳しくはこちら

安全で効果の期待できる飲む日焼け止めサプリベスト3

ホワイタス

医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

定期価格 4,980円

 

ホワイタスは紫外線ダメージによるシミの原因を抑制だけでなく排出まで配慮された成分配合が他の製品にはない特徴です。

 

紫外線ダメージを抑制するニュートロックスサンやリコピンだけでなく、紫外線ダメージを受けた場合、カラダの代謝機能を向上させ排出するための成分まで配合されております。

 

飲む日焼け止めだけでは完全に対策できない紫外線も排出機能を向上させることで、より完全に光老化を予防・対策することが期待できます。

 

ホワイトヴェール

医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

ホワイトヴェール定期価格 4,980円

 

ホワイトヴェールも優れた成分内容となっていますが、価格が高く、定期購入のみの販売方法しかないのが懸念点です。

 

ホワイタスと同様に、『リコピン』、シトラスとローズマリー由来の『ニュートロックスサン』が主成分の日焼け止めサプリとなっています。

 

その他、抗酸化成分としてザクロやメロンプラセンタが内側ケアの対策も期待できます。

雪肌ドロップ

医師監修・飲む日焼け止めを全解説!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

定期価格 6,480円

 

雪肌ドロップは、ニュートロックスサン以外に、美容成分が多く含まれている為、美肌も意識したい方におススメです。

 

ただし、2回目の購入から「6480円」という高価格の為、これまでの日焼け止めが1000〜2000円未満が多い中では、敷居の高さを感じてしまいます。

 

有効成分とその配合量に関しては、「ホワイタス」や「ホワイトヴェール」と大きな変わりはありませんので、美容成分を幅広く摂取したい方にはおすすめです。

飲む日焼け止めは「外出1〜2時間前の摂取」がベスト

飲む日焼け止めのタイミングを教える女性
飲み物が体内に吸収されるまでは30分、食べ物なら2時間以上となっているので、サプリメントの粒が小さくても、しっかり作用する事を考えて、外出の1〜2時間前までには飲むようにしましょう。

 

加えて、毎日一定の時間に飲み続けることにより、抗酸化作用が向上し、紫外線の影響も受けにくくなるので、ずっと対策したい方は毎日飲み続け、または季節ごとで集中的に飲むのも良いでしょう。

 

もし飲み忘れた場合でも帰宅後にすぐ飲むことにより、その日あびた紫外線の影響でできた色素の沈着を抑える効果が期待されます。

ここでピックアップしている日焼け止めサプリ(国産)に関しては、安全な食品から抽出された成分が主なので、続けても副作用等はございません。ただし、妊婦の方は胎児への影響を考えて、医師と相談の上、飲むようにしましょう。

ヒヤケイヤは現役医師が監修する紫外線対策メディア。飲む日焼け止めの効果や選び方、飲み方の他、紫外線対策の全ての方法を網羅する専門メディアです。
page top