飲む日焼け止め効果は3つ

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

飲む日焼け止めは飲むと紫外線による日焼けを完全に防げるのではなく、塗る日焼け止めでは対応できない、『日焼けを軽減する働き』と、『メラニンを抑制する働き』、『肌の酸化を防ぐ働き』、が期待できます。

 

飲む日焼け止めの主な効果

紫外線による日焼けを軽減する

飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンという成分は、紫外線を浴びることで発生する活性酸素を抑制し、日焼けによる炎症を軽減する作用があります。
参考:ニュートロックスサンとは?日焼け止めの効果や副作用まとめ

紫外線によるシミ・シワの原因を抑制する

シミの原因であるメラニンは紫外線の影響で大量に発生します。飲む日焼け止めは、メラニンを抑制する働きが期待できます。

肌の酸化を抑制する

飲む日焼け止めには抗酸化成分が豊富に含まれている為、肌の酸化を防ぎ、シワやくすみを抑制する働きが期待できます。

飲む日焼け止めは飲み続けることで効果が向上する

飲む日焼け止めサプリは、抗酸化力を向上させ、紫外線の影響を受けにくい身体作りを手助けします。即効性も見込めますが、飲み続けることで抗酸化力が高まり、紫外線による防御作用が高まります。
また、肌の炎症や黒くなる事を防ぐだけでなく、美白効果を促す成分も含まれているので、希望する効果に合わせて選ぶと良いでしょう。

紫外線対策は塗る日焼け止めを併用するとベスト

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

飲む日焼け止めは、日焼け後のダメージを抑制する働きがあります。シミやシワの原因となる、メラニンの影響は肌だけでなく目から紫外線を受けることでも発生する為、塗る日焼け止めだけでは、どうしても対策ができません。

 

しかし、飲む日焼け止めと併用することで『内側からの紫外線対策』にもなり、肌の日焼けだけでなく、紫外線による肌内部のダメージのケアをすることできます。
その為、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを併用することでより完全な紫外線対策となります。

飲む日焼け止めはなるべく国産のものが良い

飲む日焼け止めサプリには、『ヘリオケア』や『サンセーフRx』などの海外製品や、国産では『ホワイタス』や『ホワイトヴェール』といった、美白効果まで期待できる物が販売されています。

 

海外か国産かで悩まれる方もいらっしゃいますが、体格差に合わせて成分・配合量が考えられているので、日本人は国産の飲む日焼け止めサプリを選んだほうが良いです。

また、海外製品は安全性を謳っているとはいえ、国内では禁止されている原料が配合されていたり、加えて外国人向けに開発されているため、禁止された成分を大量に取り入れてしまうサプリが多くあります。

 

その為、安全に飲み続けられる基準を国産とした上で、希望する効果に合わせて選ぶことが確実な選び方となります。

紫外線対策ができる成分を基準に選ぶ

飲む日焼け止めにおいては、『ニュートロックスサン』や『リコピン』などの、臨床実験で紫外線から肌を守ることが証明されている抗酸化成分を選ぶようにしましょう。

これらを摂取し続けることで、紫外線による活性酸素を抑制し、『肌の赤み』『シミ』『しわ』などを防ぐ効果が期待できます。

 

海外製品には、シダ植物由来の『PLエキス』が主成分のものが多いですが、アレルギーや副作用の報告が見られますので、安全面で心配されています。

飲む日焼け止めは副作用や健康被害を起こすことはないのか?

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

国産の飲む日焼け止めサプリは、果物や野菜から抽出された『ポリフェノール』や『ビタミン』などの抗酸化物質である為、副作用や健康被害の心配はありません。

 

ただし、自然由来成分であっても、妊婦中や授乳中または高血圧などの持病を持つ方は、大量摂取によって害になることもあるので、控えた方が良い場合はあります。

飲む日焼け止めサプリの選び方とポイント

飲む日焼け止めの効果を最大限に得られ、且つ安全である製品を選ぶためには、やはり配合成分の確認が大切です。

 

成分確認のポイントとして、3つの条件を満たしているサプリなら、間違った物を選ぶことはないでしょう。

 

1.紫外線から肌を守る成分が配合されていること (1)

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】『ニュートロックスサン』や『リコピン』など、紫外線対策として臨床実験結果があり、飲み続けてもアレルギーの原因にはなりにくい成分が良いです。
その他、それらの吸収率をあげるための『ビタミンE』などの配合があるとより好ましいでしょう。

2.身体の内側から肌を守る成分が配合されていること (1)

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】紫外線から肌を守る成分に加えて、メラニンやシミ等といた老化の原因となる活性酸素を、体内から代謝して除去する成分が配合されていると良いでしょう。
万が一、体内で原因を代謝し身体の外側と内側からケアすることができます。

3.国産で不必要な成分が含まれていない (1)

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】飲む日焼け止めは、海外製品も個人輸入で購入することは可能です。しかし、成分配合が不明だったり、安全面で懸念が残るため、安全性に配慮された国産製がおすすめです。
また、余計な添加物が含まれてない事も大切です。

 

国産の飲む日焼け止めの有効成分の比較表まとめ

国内で販売されている、飲む日焼け止めの効果の目安として、紫外線対策成分・代謝成分・合成添加物等の配合がないのか?という点が分かるように、比較表にまとめました。
製品選びの際に活用して頂けたらと思います。

 

商品名 紫外線対策成分 代謝成分 安全性
(合成添加物等)
ホワイタス
howaitasu

ニュートロックスサン
リコピン

ハイチオンエキス
ブライトニングパイン

添加物配合なし
国産

総評

てきすとのところ

詳しくはこちら

雪肌ドロップ
雪肌ドロップ

ニュートロックスサン

システイン

合成添加物なし
国産

総評

てきすとのところ

詳しくはこちら

ホワイトヴェール
ホワイトヴェール

ニュートロックスサン
リコピン

ザクロエキス

全成分記載なし
国産

総評

てきすとのところ

詳しくはこちら

noUV(ノーブ)
ノーブ

PLエキス
リコピン

ルテイン

全成分記載なし
国産

総評

てきすとのところ

メディパラソル
メディパラソルサムネイル

ニュートロックスサン

オリベックス

全成分記載なし
国産

総評

てきすとのところ

やかないサプリ
やかないサプリ

PLエキス

ブライトニングパイン

全成分記載なし
国産

総評

てきすとのところ

詳しくはこちら

安全で効果の期待できる飲む日焼け止めサプリベスト3

ホワイタス

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

定期価格 1,980円

 

飲む日焼け止めサプリ『ホワイタス』は、充実した成分配合となっているので、紫外線対策だけでなく、白い肌を目指したい方にもオススメです。

 

定期価格1,980円という点からも、コスパの面では最適と言えるでしょう。

 

ホワイタスは、紫外線などの外部刺激から肌を守る『ニュートロックスサン』『リコピン』をはじめ、『ハイチオンエキス』や『ブライトニングパイン』が、内側から美白とシワ・たるみのケアをします。

 

紫外線対策が外側と内側の両面から行われること、抗酸化成分の配合も豊富という点で、アンチエイジングと美白効果にも期待できる飲む日焼け止めです。

雪肌ドロップ

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

定期価格 6,480円

 

雪肌ドロップは、ニュートロックスサン以外に、美容成分が多く含まれている為、美肌も意識したい方におススメです。

 

ただし、2回目の購入から「6480円」という高価格の為、これまでの日焼け止めが1000〜2000円未満が多い中では、敷居の高さを感じてしまいます。

 

有効成分とその配合量に関しては、「ホワイタス」や「ホワイトヴェール」と大きな変わりはありませんので、美容成分を幅広く摂取したい方にはおすすめです。

ホワイトヴェール

飲む日焼け止めの全てが解る!紫外線対策メディア【ヒヤケイヤ】

ホワイトヴェール定期価格 4,980円

5回目以降 3,980円

 

ホワイトヴェールも優れた成分内容となっていますが、価格が高く、定期購入のみの販売方法しかないのが懸念点です。

 

ホワイタスと同様に、『リコピン』、シトラスとローズマリー由来の『ニュートロックスサン』が主成分の日焼け止めサプリとなっています。

 

その他、抗酸化成分としてザクロやメロンプラセンタが内側ケアの対策も期待できます。

飲む日焼け止めは「外出1〜2時間前の摂取」がベスト

外出の1〜2時間前までに

飲み物が体内に吸収されるまでは30分、食べ物なら2時間以上となっているので、サプリメントの粒が小さくても、しっかり作用する事を考えて、外出の1〜2時間前までには飲むようにしましょう。

 

加えて、毎日一定の時間に飲み続けることにより、抗酸化作用が向上し、紫外線の影響も受けにくくなるので、ずっと対策したい方は毎日飲み続け、または季節ごとで集中的に飲むのも良いでしょう。

 

ここでピックアップしている日焼け止めサプリ(国産)に関しては、安全な食品から抽出された成分が主なので、続けても副作用等はございません。ただし、妊婦の方は胎児への影響を考えて、医師と相談の上、飲むようにしましょう。

まとめ

日焼け止めクリームと日焼け止めサプリの併用もオススメです

日焼け止めクリーム等では、完全に紫外線による日焼けから肌を守ることは難しいですが、飲む日焼け止めサプリを併用することにより、肌の内側からも紫外線を対策することができます。

 

肌が弱い方は、飲む日焼け止めだけの対策でも良いですが、日焼けによる炎症や、黒くなる事を防ぎたい場合は、SPFやPAの数値が低い日焼け止めクリーム等と併用するのも良いでしょう。

 

参考:日焼け止めは他人のおすすめで選んではダメ!3つの使用シーンで決める

ヒヤケイヤは、飲む日焼け止めの効果や選び方、飲み方の他、紫外線対策の全ての方法を網羅する専門メディアです。
page top